本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Double Data Rate2 の意味 】
出典: DDR2 SDRAM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月20日 (木) 11:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DDR2 SDRAM (Double-Data-Rate2 Synchronous Dynamic Random Access Memory) は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。4ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。内部クロックの2倍の外部クロックを用いるため、クロックの等倍で動作するDDR SDRAMの2倍、SDRAMの4倍のデータ転送速度が理論上得られる。パーソナルコンピュータにおいて2005年〜2009年頃(Pentium 4後期〜Intel Core 2)の主要なメインメモリとして、携帯電話においては2011年から(Cortex-A9など)用いられている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

DDR2 SDRAM (Wikipedia)

【 Double Data Rate2 の同義語と関連語 】
< 1 >
DDR2 SDRAM DDR2 DDR2-1000 DDR2-1066
DDR2-1150 DDR2-1200 Double Data Rate2 Double Data Rate2 SDRAM
Double Data Rate2 Synchronous DRAM Double-Data-Rate2 SDRAM Double-Data-Rate2 Synchronous Dynamic Random Access Memory PC2
PC2-8000 PC2-8500 PC2-9200 PC2-9600
ディーディーアールツー ディディーアールツー・エスディーラム ディディーアールツーエスディーラム 第2世代DDR SDRAM
第二世代DDR SDRAM






1.8V DDR SDRAM DDR3 SDRAM DDR4 SDRAM


























【 Double Data Rate2 の同義語と関連語 】
< 2 >
DDR2 SDRAM DDR2 DDR2-400 DDR2-533
DDR2-667 DDR2-800 DDR2-900 Double Data Rate2
Double Data Rate2 SDRAM Double Data Rate2 Synchronous DRAM Double-Data-Rate2 SDRAM Double-Data-Rate2 Synchronous Dynamic Random Access Memory
PC2 PC2-3200 PC2-4200 PC2-5300
PC2-6400 PC2-7200 ディーディーアールツー ディディーアールツー・エスディーラム
ディディーアールツーエスディーラム 第2世代DDR SDRAM 第二世代DDR SDRAM




1.8V DDR SDRAM DDR3 SDRAM DDR4 SDRAM




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム