本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Double Star の意味 】
出典: FTTH 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月4日 (土) 12:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Fiber To The Home(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)または略してFTTH(エフ・ティー・ティー・エイチ)とは光ファイバーを伝送路として一般個人宅へ直接引き込む、アクセス系光通信の網構成方式のことである。また一般個人宅に限らず、同様の形態でサービスの提供を受ける小規模なオフィスも含めてFTTP(Fiber To The Premises:敷地)ということもある。

[Active Optical Network(AON)]
 中継局からの1本の光ケーブルを能動素子で分岐させ加入者と結ぶもの。能動素子が分散設置されるため保守が煩雑となる。Active Double Starと呼んでいる。 ・・・ [Passive Optical Network(PON)] 光スプリッタ(光カプラ)と呼ばれる光受動素子で1本の光ファイバーを分岐させているもの。ケーブルの延長距離の短縮と、中継局装置の数の減少を図っている。Passive Double Starと呼んでいる。 次のような種類がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

FTTH (Wikipedia)

【 Double Star の同義語と関連語 】
< 1 >
Passive Optical Network Passive Optical Networks パェシィヴ オプティカゥルゥ ネットゥワゥーク パェシィヴ・オプティカゥルゥ・ネットゥワゥーク
パッシブ オプティカル ネットワーク パッシブ・オプティカル・ネットワーク パッシブ・オプティカル・ネットワーク方式 PON
PON方式 ポン Passive Double Star
Passive Double Star方式 passive double star パェシィヴ ダボルゥ スタゥー パェシィヴ・ダボルゥ・スタゥー
パッシブ ダブル スター パッシブ・ダブル・スター パッシヴ・ダブル・スター方式 PDS
PDS方式 ピーディーエス ピーディーエス方式




πシステム Active Optical Network AON Double Star
Double Star方式 DS DS方式 shared access
アクセス網形態 シェアードアクセス シェアドアクセス スターカプラ
ダブル・スター方式 光スプリッタ 光ファイバ網形態 受動光ネットワーク
受動光網 分岐装置













ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム