本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DPS の意味 】
出典: Adobe Digital Publishing Suite 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月9日 (日) 09:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Adobe Digital Publishing Suiteは、米アドビシステムズが制作、販売するタブレット型電子機器向けの電子書籍出版用の包括的ソリューションである。2011年11月現在は、iOSやAndroidなどの電子書籍を制作する機能を備えており、完成した電子書籍を出版社自身が直接販売する他に、米アップルのApp Storeや米グーグルのAndroid Market、カナダのブラックベリーのBlackBerry App Worldといった多様なモバイル機器向けのマーケットプレイスでの販売向けの出力も行える。 基本的には、同社のAdobe InDesignといった他のオーサリングツール群を用いた連携作業が想定されており、クラウド型のソフトウェア製品である。

[機能・特長]
 iPadやAndroid端末のビューポートに合わせたコンテンツ制作が可能。ポートレート(縦画面)表示とランドスケープ(横画面)表示で異なるコンテンツを表示させることができる。・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Adobe Digital Publishing Suite (Wikipedia)

【 DPS の同義語と関連語 】
< 1 >
Adobe Digital Publishing Suite Adobe Content Viewer Adobe Digital Publishing Enterprise Edition Adobe Digital Publishing Professional Edition
Adobe Digital Publishing Single Edition Adobe InDesign CS5 Adobe InDesign CS5.5 Adobe Viewer Builder
ADPS Analytics Service Digital Publishing Suite Distribution Service
e-Commerce Service Folio Builder Panel Folio Producer Service Folio Producer tool
アドビ・デジタル・パブリィシング・スイート アドビ・デジタルゥ・パブリィシング・スウィートゥ アドビディーピーエス








DPS 電子書籍



























【 DPS の同義語と関連語 】
< 2 >
DPS PictBridge ピクトブリッジ
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム