本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 drawing interchange format の意味 】
出典: DXF 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月24日 (水) 08:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DXF (英: Drawing Exchange Format) は、コンピュータ支援設計で使われる図面用のフォーマットの1種であり、2次元および3次元の形状をベクター形式で表現する。このフォーマットにはテキスト形式とバイナリ形式とが有る。バイナリ形式は、データ量をより低減できるが、対応製品が少なく、普及していない。テキスト形式は、データをテキストとして格納するためにその量が大きくなりがちであるが、データ圧縮によってその冗長な内容の高い圧縮率を見込める。なお、本フォーマットはこの分野のソフトウェアにおける事実上の標準としての地位を確立している。

[詳細] DXFはオートデスクの"AutoCAD"における異なるバージョン間のデータ互換を目的として策定された。内部仕様が公開されているため、多くのCADエディターで扱われるようになり、クロスプラットフォームで動作するビューアーも存在する。また、仕様の解説書籍も市販されている。当然ながら、プログラミングの知識が有れば、ユーザーがDXF形式を取り扱うソフトウェアを独自に作成することも可能である。しかし、その仕様に起因して各版ごとのデータ構造の差異を吸収できないため、各々のCADソフトウェアがすべての版まで対応しきれない場合も多い。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 drawing interchange format の同義語と関連語 】
< 1 >
.dxf .dxfファイル Data eXchange Format Drawing Exchange Format
Drawing Interchange File Drawing Interchange Format drawing interchange file drawing interchange format
DXF DXFファイル DXFフォーマット ディーエックスエフ
















3ds Max形式 AutoCAD AutoCADファイル交換形式 Autodesk
Autodesk社 File Extension .dxf file extension Wavefront obj形式
ファイル形式 拡張子





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム