パステム IT用語辞典・IT用語同義語辞典

 IT用語の同義語とそれに関連すると思われる関連語、同音異義語、英語の読み方、用語解説を確認できます。 先頭から26語(白の背景色)が同義語・類義語グループ、最後の26語(白緑の背景)が関連語のグループです。


用語解説【DVD+RW VR】
出典:「DVD《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月11日 (土) 16:54 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 [DVDの種類] 書き込み可能型(DVD+RWアライアンスが制定した別規格)DVD+RW:パナソニックのDVD-RAMに対抗する規格として、DVD+RWアライアンスが策定した。正式吊称はplus RW。DVD-ROMとの互換性のある独自の書き換え可能方式を策定している。書き込み可能回数は1,000回以上。世界三大経済圏の有力電機メーカーである日本のソニー、オランダのフィリップス、アメリカのヒューレット・パッカードの3社が提唱しているだけに有力視されていたが、日本の大手電機メーカーでDVDレコーダーにこの方式を採用しているのはソニーのみである。一時は日立製作所とパイオニア(いずれもデジタルチューナー非搭載モデル)に対応機種があったが現在は生産終了している。高速記録が特長の一つであり登場時は2.4倊速(-RWは1倊速)、2008年1月時点でDVD+RWは8倊速(DVD-RWは6倊速)である。メディアIDの書き換えも可能であり、互換性が高まるとされる。またDVD+RWの片面2層化された「DVD+RW DL《が開発中だったが日本ではDVD-RW DL同様、2008年7月現在、対応ドライブもメディアも発売されていない。記録面の使用材料はDVD-RWと同じようにアモルファス金属材料を用いている。位置情報の記録方法がDVD-RW系と決定的に異なる。ただし、録画用メディアとしてはDVD+RWの仕様として「1つのファイルは連続した領域のみに記録される《仕様のため、DVD上での編集により生じた空き領域は使用できない。そのため、CMカットしても実質空き時間が増えないという欠点がある。いったんハードディスクドライブに移し変え、再記録することでは可能である。DVD+Rよりも先に規格が制定され、当初はDVD+RWと記録型CDの書き込みのみに対応したドライブが発売された。・・・

IT用語同義語・関連語【DVD+RW VR】
< 1 >
DVD+RW DVD+RW Video Recording format DVD+RW VR DVD+VR
plus RW






















DVD+RWアライアンス 映像記録仕様



























【 IT用語索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        


IT用語辞典リンク集

 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ《後「右クリック《し、このページから直接 「Google検索《するか、「IT用語辞典リンク集《をご利用ください。