本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DSDM の意味 】
出典: アジャイルソフトウェア開発 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月30日 (日) 14:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アジャイルソフトウェア開発 (アジャイルソフトウェアかいはつ、英: agile software development) は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。 近年、アジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案されている。 ソフトウェア開発で実際に採用される事例も少しずつではあるが増えつつある。 アジャイルソフトウェア開発手法の例としては、エクストリーム・プログラミング (XP) などがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アジャイルソフトウェア開発 (Wikipedia)

【 DSDM の同義語と関連語 】
< 1 >
アジャイルソフトウェア開発 agile development process agile software development ASD
アェジョルゥ・ソフトゥウェアゥー・デヴェロゥプメントゥ アェジョルゥ・デヴェロゥプメントゥ・プロセス アジャイル・ソフトウェア・デベロプメント アジャイル・デベロプメント・プロセス
アジャイル開発プロセス アジャイル開発手法

















Adaptive Software Development Agile Documentation Agile ICONIX Agile Modeling
Agile Unified Process agile AUP Crystal
Crystal Clear DSDM Dynamic Systems Development Method eXtreme Programming
FDD Feature Driven Development Lean software development Scrum
XP アェジャゥルゥ アジャイル エクストリーム・プログラミング
エクストリームプログラミング クリスタル スクラム ユーザ機能駆動開発
素早い






ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム