本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DSSS の意味 】
出典: スペクトラム拡散 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月5日 (金) 17:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

スペクトラム拡散(スペクトラムかくさん、英語: spread spectrum、SS)は、通信の信号を本来よりも広い帯域に拡散して通信する技術。無線通信に多く用いられる。「スペクトル拡散」、「周波数拡散」とも言う。

[概要] スペクトラム拡散の代表的な方式には、周波数ホッピングと、直接拡散とがあり、いずれもノイズや干渉に強く、秘匿性に優れるとされている。元々は軍事無線のため、技術開発が進み民生用機器への応用が拡がり、CDMA方式の携帯電話や、無線LAN(IEEE 802.11シリーズ、Wi-Fi)、無線アクセス。親子電話の接続などに用いられている。 ・・・
出典: ISMバンド 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月1日 (日) 00:10 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ISMバンド(アイエスエムバンド)とは、英語: ISM (Industry Science Medical) 周波数帯のことで、そのまま産業科学医療用バンドと言うこともある。国際電気通信連合 (ITU) により、電波をもっぱら無線通信以外の産業・科学・医療に高周波エネルギー源として利用するために割り当てられた周波数帯である。ISMは"industry science and medical"の略で、この部分を日本語訳して産業科学医療用バンドと言うこともある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ISMバンド (Wikipedia)

【 DSSS の同義語と関連語 】
< 1 >
Direct Sequence Direct Sequence Spread Spectrum direct sequence direct sequence spread spectrum
DS DS-SS DSSS Spread Spectrum
Spread spectrum SS スプレッド・スペクトラム スプレッドゥ・スペクトラム
スプレッドスペクトラム スペクトラム拡散 スペクトル拡散 ドゥレクト・シークゥエンス・スプレッドゥ・スペクトラム
ドゥレクト・スペクトラム 拡散符号 周波数拡散 直接シーケンス
直接シーケンス・スペクトラム拡散 直接スペクトラム拡散 直接拡散 直接拡散方式


































【 DSSS の同義語と関連語 】
< 2 >
ISMバンド 13.560MHz 2.4125GHz 2.450GHz
24.125GHz 27.120MHz 40.68MHz 5.80GHz
61.25GHz 915MHz Industrial Scientific and Medical Industrial Scientific and Medicalバンド
Industrial Scientific Medical Industrial, Scientific and Medical Band Industry Science Medical Industry Science Medical band
industry science and medical ISM アイエスエム アイエスエム・バンド
アイエスエムバンド インダゥストゥリー・サイアェンス・メディコルゥ・バェンドゥ インダストリー・サイエンス・メディカル・バンド 産業科学医療
産業科学医療バンド 産業科学医療用バンド

122~123GHz 13.553~13.567MHz 2.4~2.5GHz 244~246GHz
24から24.25GHz 26.957~27.12MHz 40.66~40.68MHz 433.05~434.79MHz
5.725~5.875GHz 6.765~6.795MHz 61~61.5GHz 902~928MHz
Bluetooth DSSS Industrial
ɪndˈʌstriəl インダストゥリアゥルゥ インダストリアル 工業用の
産業の









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム