本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 E-IDE の意味 】
出典: Advanced Technology Attachment 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月18日 (土) 00:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Advanced Technology Attachment(アドバンスド テクノロジー アタッチメント、略号: ATA)は、パーソナルコンピュータ (PC) とハードディスク (HDD) 間のインタフェースのひとつである。1989年に制定され、1990年代に主流となっていた。

[歴史]
 EIDE:EIDE (Enhanced IDE) とは、一般にIDE HDDの504MBの壁を超えるための規格として認識されているが、実際は以下のようなさまざまな拡張規格の総称である。ウェスタン・デジタルが提唱した。
● 504MBの壁を超えるための拡張 ・Logical Block Addressing (LBA) の導入 ・CHSトランスレーション(いわゆるLARGEモード)の導入
● ATAPIによるCD-ROMやリムーバブルディスクのサポート
● 転送モードの追加による高速化
● プライマリ/セカンダリポートの標準化による最大4台のデバイスのサポート ・・・
出典: Advanced Technology Attachment 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月18日 (土) 00:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Advanced Technology Attachment(アドバンスド テクノロジー アタッチメント、略号: ATA)は、パーソナルコンピュータ (PC) とハードディスク (HDD) 間のインタフェースのひとつである。1989年に制定され、1990年代に主流となっていた。

[ATAPI]
 ATA Packet Interfaceの略で、日本語では「アタピー」と発声することが多い。 HDDなどの非ATAPIのATAデバイスでの通信のデータに相当する部分にSCSIと同等のパケット形式のコマンドを発行することにより、ATAコマンドより多くのコマンド種が必要なCD-ROMのようなHDD以外のデバイスの接続を可能とした規格。一般には、CD-ROM等をサポートしたIDEとして認識されている。当初SFF-8020という規格だったが、ATA/ATAPI-4でATA規格に統合された。 ・・・
出典: E-IDE 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/03/17,URL: https://www.wdic.org

 Western Digitalによって提唱された、IDEの拡張規格。IDEに足りなかった、様々な機能を導入した。

[概要]
 これは、様々なベンダーの独自拡張をまとめたデファクトスタンダードであり、標準規格ではない。公式な仕様としては、後にATA-2として採用された。E-IDEには、次のような特徴がある。ATAPIの採用により、CD-ROMなどの接続にも対応プライマリ/セカンダリの導入により、接続できる装置は最大4台LBAの導入で「504Mバイトの壁」を超えた。この時点ではBIOSの制限で最大容量8.4Gバイト(7.8Giバイト)Fast ATAによる高速転送モードの追加。転送速度は11.1Mバイト/秒と13.3Mバイト/秒なお、「504Mバイトの壁」を超えるためにはドライブだけでなくBIOSの拡張も必要で、この対応も含めてE-IDEという。

[特徴]
 ATAPI
IDEは元々ハードディスクドライブの接続しか想定していなかった。そこで、それ以外のデバイスに対してはSCSIのようなパケット形式のコマンドを用いることにより、様々なデバイスに対応可能とした。この仕様がATAPIである。この仕様は当初はSFF-8020、後にINF-8020と呼ばれ、ATAとは異なる独自の規格であったが、ATA/ATAPI-4からATA規格と統合された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Advanced Technology Attachment (Wikipedia)
E-IDE (通信用語の基礎知識)

【 E-IDE の同義語と関連語 】
< 1 >
8.4GB CHS CHSパラメータ E-CHS
E-CHS変換 E-IDE ECHS ECHSモード
Extended CHS Largeモード















































【 E-IDE の同義語と関連語 】
< 2 >
ATAPI Advanced Technology Attachment Packet Interface ədvˈænst teknάlədʒi ətˈætʃmənt pˈækɪt ˈɪntɚˌfeɪs アェドゥヴァンストゥ テクナラゥジー アタッチメントゥ パキットゥ インタゥーフェイス
アェドゥヴァンストゥ・テクナラゥジー・アタッチメントゥ・パキットゥ・インタゥーフェイス アドバンスド テクノロジー アタッチメント パケット インターフェース アドバンスド・テクノロジー・アタッチメント・パケット・インターフェース AT Attachment Packet Interface
ATA Packet Interface ATA/ATAPI-4 ATA/ATAPI-5 ATA/ATAPI-6
ATA/ATAPI-7 ATA/ATAPI-8 ATA-8 SFF-8020
アタピ アタピー









Advanced Technology Attachment ATA E-IDE EIDE
IDE
























【 E-IDE の同義語と関連語 】
< 3 >
E-IDE EIDE Enhanced IDE Enhanced Integrated Drive Electronics
イーアイディーイー エンハンストIDE 拡張IDE 拡張アイディーイー




















ANSI ATA-2 AT attachment packet interface ATA-2 ATAPI
Fast ATA Fast ATA-2 IDE Western Digital
アイディーイー 拡張ATA 拡張エーティーエー
Enhanced ɛnhǽnst インハェンストゥ インハンスト
高めた 上げた 増した










【 E-IDE の同義語と関連語 】
< 4 >
LBA Logical Block Address Logical Block Addressing logical block address
エルビーエイ エルビーエー ブロック・アドレス ロジカル ブロック アドレス
ロジカル・ブロック・アドレス ロジカルブロックアドレス 論理ブロック アドレス 論理ブロック アドレッシング
論理ブロック・アドレス 論理ブロック・アドレッシング 論理ブロックアドレス 論理ブロックアドレッシング












E-IDE




























【 E-IDE の同義語と関連語 】
< 5 >
セカンダリIDE secondary IDE セカンダリアイディーイー セカンダリーIDE
























E-IDE IDE





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム