本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 e-marketplace の意味 】
出典: マーケットプレイス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年1月7日 (土) 18:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マーケットプレイスとはインターネット上に存在する物の売り手と買い手が自由に参加できる取引市場。個人と企業の双方の参加での取引ができる。これは多くの企業間での電子商取引(B2B)を実現させるもので「e-マーケットプレイス」とも呼ばれている。現在はあらゆる産業がここで仕入れており、自動車部品や鉄鋼や建築素材などの調達までも行われている。マーケットプレイスが登場するまではネット上では一対多での取引が行われていたが、これの登場から不特定多数の多対多の取引が可能となり、従来よりも調達コストが抑えられるようになった。中間流通業者や新規開拓や営業を削減できたり、在庫管理が容易になるという点でもコストを削減できるようになった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 e-marketplace の同義語と関連語 】
< 1 >
Amazonマーケットプレイス e-marketplace e-マーケットプレイス マーケットプレイス
電子商取引プラットフォーム




















































【 e-marketplace の同義語と関連語 】
< 2 >
Ariba CommerceOne e-marketplace eマーケットプレイス
VirticalNet イーマーケットプレイス 企業間取引所 電子市場




















物流コスト 流通コスト





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム