本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Early Access Program の意味 】
出典: 秘密保持契約 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月16日 (日) 05:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 秘密保持契約(ひみつほじけいやく、英語: Non-disclosure agreement、略称: NDA)とは、ある取引を行う際などに、人の間(法人や自然人)で締結する、営業秘密や個人情報など業務に関して知った秘密(すでに公開済みのものや独自にないし別ソースから入手されたものなどを除外することが多い。)を第三者(当該取引に関連する関連会社や弁護士、公認会計士などを除外することが多い。)に開示しない(行政庁や裁判所の要求する場合、その他法律上開示義務がある場合などが除外されることが多い。)とする契約。機密保持契約、守秘義務契約ともいう。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

秘密保持契約 (Wikipedia)
Early Access Program (コトバンク)

【 Early Access Program の同義語と関連語 】
< 1 >
EAP Early Access Program ˈɚːli ˈækses próʊgræm アゥーリィー アェクセス プロウグラェム
アゥーリィー・アェクセス・プロウグラェム アーリー アクセス プログラム アーリー・アクセス・プログラム アーリーアクセスプログラム
EAP版 アーリーアクセス版 イーエーピー 早期アクセスプログラム
















NDA Non-disclosure agreement ユーザー評価 機密保持契約
守秘義務契約 動作検証

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム