本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Easter egg の意味 】
出典: イースター・エッグ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月23日 (火) 11:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

イースター・エッグ(Easter egg)とは、コンピュータのソフトウェア・書籍・CDなどに隠されていて、本来の機能・目的とは無関係であるメッセージや画面の総称である。ユーモアの一種。多くの場合、企画・開発スタッフの一覧などが隠されているが、ちょっとしたゲームなどの場合もある。また、アニメーションや音楽を伴って表示されることもある。これらを「イースター・エッグ」と呼ぶのは、キリスト教の復活祭の際に、装飾した卵(イースター・エッグ)をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなむ。

[概要] Microsoft Excelをはじめ、Internet Explorer、Visual Basic、Adobe Photoshopなど有名なソフトにもさまざまな方法でイースター・エッグが隠されている。イースター・エッグのほとんどは普通の操作では出現しない様になっているものであり、イースター・エッグを何のヒントもなしに発見するのはきわめて困難である。たとえば、Windows 98では、日付と時間の設定で表示される世界地図上でカイロやメンフィス(Windowsシリーズの開発コードネーム名)を順番にマウスで示すことによってスタッフロールが表示されるというイースター・エッグがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

イースター・エッグ (Wikipedia)

【 Easter egg の同義語と関連語 】
< 1 >
イースター・エッグ Easter egg easter egg イースターエッグ
ユーモア 遊び心





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム