本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ECCメモリ対応 の意味 】
出典: Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月16日 (土) 03:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ(コーヒーレイク、またはカフィーレイクマイクロアーキテクチャ)とはインテルによって開発されたマイクロプロセッサのアーキテクチャである。2017年9月24日に発表され、Kaby Lake Refresh同様第8世代Intel Coreプロセッサとなった。2018年10月8日、最大8コアのCoffee Lake Refreshマイクロアーキテクチャの第9世代Intel Coreプロセッサが発表された。Core i7、Core i9ではヒートスプレッダとコアの間にはんだ(STIM)を採用することで放熱能力が向上した。

[概要]
● 14nm プロセスルール
● LGA1151ソケット
● Z370/Z390チップセット
● DDR4対応のメモリコントローラを内蔵
● DMI3.0インターフェイス Kaby Lakeと同じ14nmプロセスルールを採用する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ (Wikipedia)
Intel Pentium Gold G5500 Processor (Intel)

【 ECCメモリ対応 の同義語と関連語 】
< 1 >
Intel Pentium Gold G5500 Processor G5500 Pentium Gold G5500 Pentium Gold G5500 Processor
Pentium Gold G5500 プロセッサー インテル Pentium Gold G5500 プロセッサー インテル ペンティアム ゴールド G5500 プロセッサー ペンティアム ゴールド G5500
ペンティアム ゴールド G5500 プロセッサー


















14nm 14nm++ 2 Core 3.80GHz
4096x2304 4Kサポート 4スレッド Coffee Lake
ECCメモリ対応 FCLGA1151 Intel UHD Graphics 630 Pentium Gold
インテル Optane メモリ非対応 インテル UHD グラフィックス 630 カフィーレイク カフィーレイクマイクロアーキテクチャ
コーヒーレイク ハイパースレッディング・テクノロジー 第8世代 Intel Core プロセッサ 第8世代 Intel Core プロセッサー
第8世代インテル Core プロセッサ 第8世代インテル Core プロセッサー









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム