本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 EFS の意味 】
出典: Encrypting File System 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月21日 (土) 16:22 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Encrypting File System(暗号化ファイルシステム、EFS)とはMicrosoft WindowsにおいてNTFSバージョン3.0で追加された機能で、ファイルシステムレベルでの暗号化を提供する。この技術はコンピューターに物理的にアクセスする攻撃者から機密データを保護するために、ファイルの透過的暗号化を実現する。EFSはWindows 2000以降の全てのビジネス向けエディションのWindowsで利用できる。既定では暗号化されたファイルは存在しないが、ユーザーの選択でファイルごと、ディレクトリーごと、あるいはドライブごとに暗号化を有効にすることができる。いくつかのEFS設定はWindowsドメイン環境のグループポリシーで強制させることもできる。暗号ファイルシステム実装は他のオペレーティングシステムでも利用可能であるが、Microsoft EFSはそれらとの互換性はない。

[動作原理]
 EFSはファイル暗号化キー (File Encryption Key ; FEK) という大量の対称鍵によってファイルを暗号化する。対称暗号化アルゴリズムを使用する理由は、非対称鍵暗号を用いるよりも暗号化および復号に掛かる時間が短くなるためである。使用される対称暗号化アルゴリズムはオペレーティングシステムのバージョンや設定によって異なる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Encrypting File System (Wikipedia)

【 EFS の同義語と関連語 】
< 1 >
Encrypting File System EFS Microsoft EFS イーエフエス
ファイル暗号化 ファイル暗号化機能 暗号化ファイルシステム




















Encrypting ɛnkrɪ́ptɪŋ エゥンクリプティング エンクリプティング
暗号化 暗号化した 暗号化属性
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム