本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 EHF の意味 】
出典: ミリメートル波 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/08/12,URL: https://www.wdic.org/

電波帯域の区分の一つで、電波法施行規則による名称。ITU Radio Regulations(無線通信規則)の記号は「EHF」。いわゆるマイクロ波の一つ。略称「ミリ波」。

[範囲]
● 周波数: 30GHz〜300GHz
● 波長: 1cm〜1mm
● 周波数帯の番号: 11
● 周波数帯の略称: EHF
● メートルによる区分: ミリメートル波

[特徴]
きわめて強い直進性を示すが、雨や霧による影響を受けやすい。
主に電波天文、業務用通信、衛星通信、各種レーダーに利用されている。
出典: ミリ波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 13:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ミリ波(ミリは)とは、波長が1 - 10mm、30 - 300GHzの周波数の電波をいう。英語ではExtremely High Frequency、略してEHFと呼ばれる。

[概要]
送信するデータの大容量化が可能であり、電波の直進性が高いが、降雨では電波の減衰が発生する。現在日本においては、60GHzの周波数を用いて無線通信に用いようとしている。また極めて狭い指向性も可能であるので、車載レーダーや今後空港で導入が進むとされている衣服の下を透視する全身スキャナー等に用いられている。 ・・・
出典: 電波の周波数による分類 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月24日 (日) 22:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

[分類]
ITUによる分類
ELF:0.03Hz~300Hz
ULF:300Hz~3kHz
VLF:3~30kHz
LF:30~300kHz
MF:300kHz~3MHz
HF:3~30MHz
VHF:30NHz~300MHz
UHF:300MHz~3GHz
SHF:3~30GHz
EHF:30GHz~300GHz
:300GHz~3THz

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ミリメートル波 (通信用語の基礎知識)
ミリ波 (Wikipedia)
電波の周波数による分類 (Wikipedia)

【 EHF の同義語と関連語 】
< 1 >
EHF íːéɪtʃéf イーエイチエフ イーエッチエフ
Extremely High Frequency extremely high frequency ekstríːmli hάɪ fríːkwənsi エクストゥリームリィー ハーイ フリークウェンスィー
エクストゥリームリィー・ハーイ・フリークウェンスィー エクストリームリー ハイ フレケンシー エクストリームリー・ハイ・フレケンシー
30GHz~0.3THz 30GHz~300GHz 1~10mm ミリメートル波
ミリ波 マイクロ波









電波
Extremely ekstríːmli
エクストゥリームリィー エクストリームリー 極度に 極めて
非常に
電波天文 衛星通信
レーダー


















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム