本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 embedded の意味 】
出典: eDRAM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年5月24日 (火) 12:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 eDRAM(Embedded DRAM)、混載DRAMは、メインのASICやプロセッサと同じダイまたはパッケージに統合された、キャパシタベースのDRAMである。

[概要]
 外部DRAMモジュールや、主にキャッシュとして使われるトランジスタベースのSRAMと対比される。 DRAMを混載することで、バス幅を広げ、処理速度を向上させることができる。DRAMはSRAMに比べて集積度が高いため、潜在的にはより大容量のメモリを使用可能である。しかし、製造工程の違いにより単一ダイへの統合は難しく、複数のダイを1チップに封入する必要があるため、コストを押し上げる要因となっている。最近では、1T-SRAMなどのように、標準CMOSプロセスを使ってeDRAMを製造することで、この問題を回避しつつある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

eDRAM (Wikipedia)

【 embedded の同義語と関連語 】
< 1 >
eDRAM embedded DRAM ɛmbɛ́dɪd díːrˈæm エァンベディッドゥ ディーラェム
エァンベディッドゥ・ディーラェム エァンベディッドゥ ダイナェミック ラェンダゥム アクセス メムリ エァンベディッドゥ・ダイナェミック・ラェンダゥム・アクセス・メムリ イーディーラム
エンベディッド ダイナミック ランダム アクセス メモリ エンベディッド・ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ 混載DRAM 混載タイプDRAM
混載タイプディーラム 混載ディーラム













embedded ɛmbɛ́dɪd アゥンベディッドゥ エァンベディッドゥ
エンベディッド はめ込んだ 埋め込んだ 組み込んだ























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム