本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Encipherment の意味 】
出典: FEAL 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/04/09,URL: https://www.wdic.org/

高速データ暗号化アルゴリズム。NTTにより開発され、1987(昭和62)年10月からクレジット情報データ通信システムCAFIS(Credit And Finance Information System)に導入された慣用鍵暗号方式のブロック暗号。

[概要]
 ICカード等のチープなプロセッサー向けに設計された暗号アルゴリズムが最初で、FEAL-8と称された。これはDESよりも高速である点を長所とした。1990(平成2)年には、FEAL-8をベースとして、より暗号を強化した新たなアルゴリズムとしてFEAL-N/NXが開発された。

[特徴]
 種類
暗号化/復号化の鍵はNTTのセンターと端末の両方にあり、鍵長は64ビットか128ビットである。回転数(段数)がNで鍵長64ビットのものをFEAL-N、回転数(段数)がNで鍵長128ビットのものをFEAL-NXと呼ぶ。これを著している時点での最新は、FEAL-32Xである。
安全性
FEALは、発表直後から様々な暗号解読による攻撃を受けた。差分解析法、線形解読法の登場(双方ともFEALに対する攻撃から生まれた)により暗号を破ることが可能となったため、現在では利用できない暗号手法となっている。以降NTTは、安全性と処理効率から、同社開発のCamellia(カメリア)の使用を推奨している。
出典: FEAL 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年11月24日 (火) 03:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 FEAL(the Fast Data Encipherment Algorithm)とは、1987年に、NTTにいた清水明宏と宮口庄司が提案した64bitブロック暗号である。DES(Data Encryption Standard)の代替品となることを目的として開発された。

[概要]
 FEALは、DESと同じくFeistel構造を採用したブロック長64ビットのブロック暗号である。1987年当初は、FEAL-4 としてラウンド数4、鍵長64ビットで、その後、1988年にFEAL-8(ラウンド数 8)を経て、1990年にFEAL-N(Nは可変、32以上が望ましい)と鍵長を128ビットに拡張した FEAL-NX に改定された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

FEAL (通信用語の基礎知識)
FEAL (Wikipedia)

【 Encipherment の同義語と関連語 】
< 1 >
FEAL Fast data Encipherment ALgorithm ðə fˈæst déɪṭə ɪnsάɪfɚmənt ˈælgərìðm ザゥ ファェーストゥ デイダゥー インサイファーメントゥ アェルゥガリズム
ザゥ・ファェーストゥ・デイダゥー・インサイファーメントゥ・アェルゥガリズム ザ ファースト データ インサイファーメント アルゴリズム ザ・ファースト・データ・インサイファーメント・アルゴリズム FEAL-32X
FEAL-4 FEAL-8 FEAL-N FEAL-NX
the Fast Data Encipherment Algorithm フィール













Camellia DES カメリア 暗号化技術
共通鍵暗号 秘密鍵 秘密鍵暗号 秘密鍵方式
Encipherment ɪnsάɪfɚmənt インサイファーメントゥ
インサイファーメント 暗号化
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム