本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 endless loop の意味 】
出典: 無限ループ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月25日 (月) 07:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

無限ループ(むげんループ、英語: infinite loop)は、コンピュータ・プログラムの一連の命令が無限に繰り返される(ループする)ことである。永久ループ(えいきゅうループ)ともいう。

[ループ] そもそもループとは、特定の条件が満たされるまで一連の命令を繰り返すことである。あるループに内在する特性により、条件が決して満たされない時に無限ループが発生する。こうした挙動が必要とされる状況もわずかに存在する。例えば、インターネットやデータベースなどのサーバプログラムの多くは「リクエストを待ってサービスする」ことをいつまでも繰り返しているが、これは厳密には無限ループとは見なされない。ループの脱出条件として手動でプログラムを終了させることができるからである。ほとんどの場合、「無限ループ」という言葉は意図した結果ではない状況を指して使われる。つまりバグである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 endless loop の同義語と関連語 】
< 1 >
endless loop infinite loop 永久ループ 無限ループ
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム