本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Enhanced の意味 】
出典: Advanced Technology Attachment 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月18日 (土) 00:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Advanced Technology Attachment(アドバンスド テクノロジー アタッチメント、略号: ATA)は、パーソナルコンピュータ (PC) とハードディスク (HDD) 間のインタフェースのひとつである。1989年に制定され、1990年代に主流となっていた。

[歴史]
 EIDE:EIDE (Enhanced IDE) とは、一般にIDE HDDの504MBの壁を超えるための規格として認識されているが、実際は以下のようなさまざまな拡張規格の総称である。ウェスタン・デジタルが提唱した。
● 504MBの壁を超えるための拡張 ・Logical Block Addressing (LBA) の導入 ・CHSトランスレーション(いわゆるLARGEモード)の導入
● ATAPIによるCD-ROMやリムーバブルディスクのサポート
● 転送モードの追加による高速化
● プライマリ/セカンダリポートの標準化による最大4台のデバイスのサポート ・・・
出典: PEM 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 空白,URL: https://www.wdic.org/


 インターネットにおける初の暗号化メールの標準規格。RFC 1421〜1424として規格仕様書が発行されている。1987(昭和62)年頃から仕様の策定が開始され、IETFなどでの標準化作業が進み、現在はProposed Standard(推奨標準)という状態である。暗号化領域は全て7ビットコードにエンコードされて転送されるため、日本語メールでも何ら支障なく転送が可能となっている。基本的なメカニズムは、非対称暗号を使用する点である。二種類の "鍵"が用意され、それぞれ "秘密キー" と "公開キー" と呼ばれている。秘密キーで暗号化されたものは公開キーでのみ復号(元に戻す)でき、逆に、公開キーで暗号化されたものは秘密キーでしか復号できない。この点を利用することで、重要な秘密キーが他人に知れる危険なく、暗号文をメールで送受信できるようになり、また転送中の "内容の改竄" も防げる。 ・・・
出典: カテゴリー5ケーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年8月17日 (月) 07:10 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 カテゴリー5ケーブル(英: Category 5 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。カテゴリー5の上位規格としてカテゴリー5eがある。主にイーサネットなどのコンピュータネットワークでの構内配線に使われるが、他にも電話、トークンリング、ATMなどにも使われることがある(短距離であれば、最高 155Mbit/s の転送が可能)。基本的にシールドされていないUTPケーブルが殆どで、EIA/TIA規格上もUTPのみであるが、一部、エンハンスドカテゴリー5(Cat5E)のSTPケーブルも市販されている。Cat5EのSTPケーブルはメーカー独自規格であり、工場など強いノイズ発生源がある場合の対策に使われる。一般でのSTPケーブルの使用は機器側対策も含め注意が必要である。

[解説]
 カテゴリー5e :カテゴリー5e(エンハンスドカテゴリー5)ケーブルはカテゴリー5の改良であり、遠端漏話(far end crosstalk)についての規定が追加されている。2001年、TIA/EIA-568-B 標準として定義され、これはカテゴリー5の TIA/EIA-568-A を置き換えた。1000BASE-T はカテゴリー5ケーブルを使うよう設計されたが、もちろんカテゴリー5eケーブルを使った方がよい。性能に関する厳密な規定があるため、カテゴリー5eケーブルはイーサネットとしては長距離に使うことはできず、最長でも100mとされている(90m は固定ケーブルで、両端5mずつをパッチケーブルとした場合。コネクタによる接続が2箇所含まれる想定)。カテゴリー5eケーブルの性能特性と試験方法は TIA/EIA-568-B.2-2001 に定義されている。慣用的にCat 5eまたはCat.5eと表記される。 ・・・


【 Enhanced の意味 】
出典: E-IDE 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/03/17,URL: https://www.wdic.org

 Western Digitalによって提唱された、IDEの拡張規格。IDEに足りなかった、様々な機能を導入した。

[概要]
 これは、様々なベンダーの独自拡張をまとめたデファクトスタンダードであり、標準規格ではない。公式な仕様としては、後にATA-2として採用された。E-IDEには、次のような特徴がある。ATAPIの採用により、CD-ROMなどの接続にも対応プライマリ/セカンダリの導入により、接続できる装置は最大4台LBAの導入で「504Mバイトの壁」を超えた。この時点ではBIOSの制限で最大容量8.4Gバイト(7.8Giバイト)Fast ATAによる高速転送モードの追加。転送速度は11.1Mバイト/秒と13.3Mバイト/秒なお、「504Mバイトの壁」を超えるためにはドライブだけでなくBIOSの拡張も必要で、この対応も含めてE-IDEという。

[特徴]
 ATAPI
IDEは元々ハードディスクドライブの接続しか想定していなかった。そこで、それ以外のデバイスに対してはSCSIのようなパケット形式のコマンドを用いることにより、様々なデバイスに対応可能とした。この仕様がATAPIである。この仕様は当初はSFF-8020、後にINF-8020と呼ばれ、ATAとは異なる独自の規格であったが、ATA/ATAPI-4からATA規格と統合された。 ・・・
source of reference: Privacy-Enhanced Mail (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 30 May 2019, at 15:44 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

Privacy-Enhanced Mail (PEM) is a de facto file format for storing and sending cryptographic keys, certificates, and other data, based on a set of 1993 IETF standards defining "privacy-enhanced mail." While the original standards were never broadly adopted, and were supplanted by PGP and S/MIME, the textual encoding they defined became very popular. The PEM format was eventually formalized by the IETF in RFC 7468. ...

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Advanced Technology Attachment (Wikipedia)
Privacy-Enhanced Mail (Wikipedia)
E-IDE (通信用語の基礎知識)
カテゴリー5ケーブル (Wikipedia)

【 Enhanced の同義語と関連語 】
< 1 >
Cat 5e Cat.5e CAT5e Cat5e
Enhanced Category 5 cable ɛnhǽnst kˈæṭəg`ɔːri fάɪv kéɪbl インハェンストゥ キャェデゴリー ファーィヴ ケイボルゥ インハェンストゥ・キャェデゴリー・ファーィヴ・ケイボルゥ
エンハンスト カテゴリ ファイブ ケーブル エンハンスト・カテゴリ・ファイブ・ケーブル エンハンストカテゴリファイブケーブル Gigabit Ethernet
TIA/EIA-568-B TIA/EIA-568-B.2-2001 エンハンストカテゴリ5 エンハンストカテゴリ5ケーブル
エンハンスドカテゴリー5 カテゴリ5e カテゴリ5イー カテゴリー5e
カテゴリファイブイー






1000BASE-T CAT5 Category 5 Ethernetケーブル
far end crosstalk LAN cable LANケーブル Unshielded Twisted Pair
Unshielded Twisted Pair Cable Unshielded Twisted-Pair UTP アンシールデッド・ツイスト・ペア
イーサネットケーブル シールド無しより対線 遠端漏話 非シールドより対線
Enhanced ɛnhǽnst インハェンストゥ
エンハーンスト 高めた 増した 改善した
改良した



【 Enhanced の同義語と関連語 】
< 2 >
E-IDE EIDE Enhanced IDE Enhanced Integrated Drive Electronics
イーアイディーイー エンハンストIDE 拡張IDE 拡張アイディーイー




















ANSI ATA-2 AT attachment packet interface ATA-2 ATAPI
Fast ATA Fast ATA-2 IDE Western Digital
アイディーイー 拡張ATA 拡張エーティーエー
Enhanced ɛnhǽnst インハェンストゥ インハンスト
高めた 上げた 増した










【 Enhanced の同義語と関連語 】
< 3 >
PEM FJPEM pém Privacy Enhanced Mail
Privacy-Enhanced Mail prάɪvəsi ɛnhǽnst meɪl プライヴァシィー インハェンストゥ メイルゥ プライヴァシィー・インハェンストゥ・メイルゥ
プライバシー エンハンスト メール プライバシー・エンハンスト・メール RFC 1421 RFC 1422
RFC 1423 RFC 1424 RFC 7468 ペム












暗号化メール Privacy prάɪvəsi
プライヴァシィー プライバシー 私事 私生活を秘密にする権利
Enhanced ɛnhǽnst インハェンストゥ
エィンハェンストゥ インハンスト 高めた 増した















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム