本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ep の意味 】
出典: イーピー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年7月29日 (金) 14:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

イーピー(ep)は、東経110度CSデジタル放送の電波を使って、チューナー内のハードディスクに番組を蓄積し、視聴者が好きな時に視聴できるようにした蓄積型放送サービスである。なお、2004年4月に蓄積型サービスを終了、2007年には放送を終了している。

[蓄積型放送] 蓄積型放送には20GBの容量が割り当てられていたものの、1番組当たりの容量は少なく、映像はいずれもSDTVでDVD-Videoよりも劣るビットレートに設定しても長時間の収録が難しいために、充実したコンテンツ作りを行うにはあまりにも制約が大きすぎた。またコンテンツも総花的でジャンル数は多いが、特定の視聴層に向けたキラーコンテンツを用意できなかったと言う問題もあった。2005年には、一般的なハードディスクレコーダーのHDD容量が平均500GBまで増加していたことを考えると、技術面の進歩に比べてサービスが取り残されて行ってしまった事実は否定できない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ep の同義語と関連語 】
< 1 >
ep epサービス ep蓄積サービス イーピー
蓄積型データ放送 蓄積型データ放送サービス 蓄積型放送 蓄積型放送サービス




















サービス終了 全額返金 放送終了



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム