本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Erasable and Programmable Read-Only Memory の意味 】
出典: EPROM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月16日 (水) 10:56 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

EPROM (Erasable Programmable Read Only Memory)は、半導体メモリの一種で、デバイスの利用者が書き込み・消去可能なROMである。電源を切っても記憶内容が保持される不揮発性メモリの一種でもある。フローティングゲートMOSFETのアレイで構成されており、通常のデジタル回路よりも印加する電圧が高い専用機器を使って個々のMOSFETに書き込むことができる。

[動作] EPROMメモリセルの開発は、トランジスタのゲートの配線が壊れた集積回路を調査することから始まった。配線のない孤立したゲートに溜まった電荷により、その特性が変化したのである。EPROMは1971年にインテルの Dov Frohman が発明し、1972年にアメリカ合衆国特許第3660189号を取得した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

EPROM (Wikipedia)

【 Erasable and Programmable Read-Only Memory の同義語と関連語 】
< 1 >
EPROM Erasable and Programmable Read Only Memory Erasable and Programmable Read-Only Memory Erasable and Programmable ROM
Erasable Programmable Read Only Memory erasable and programmable read only memory Read Mostly Memory RMM
イーピーロム イレイサバルゥ・アェンドゥ・プログラマボルゥ・リードゥ・オンリィー・メムリィー イレーザブル・アンド・プログラマブル・リード・オンリー・メモリー 再書込み可能ROM
消去可能ROM 消去書込み可能ROM













EEPROM Mostly UV-EPROM ほとんど
モウストゥリィ モーストリー 大抵は
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム