本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ERPパッケージ の意味 】
出典: ABAP 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月7日 (日) 13:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ABAP(Advanced Business Application Programming, アバップ)とは、R/3やS/4HANAなどSAPシステムの製作やアドオン開発に用いられる高級言語である。

[言語の特徴]
 SAP SEの製品でのみ用いられるSAP独自のプログラミング言語。もともとは構造化プログラミング言語であったが、後にオブジェクト指向言語として拡張された。SAPアプリケーション群はABAPを開発言語とし、BASIS(SAP NetWeaver)をアプリケーションサーバに利用することで特定のオペレーティングシステムやデータベース管理システムなどのプラットフォームに依存することなく、開発、運用することができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ABAP (Wikipedia)

【 ERPパッケージ の同義語と関連語 】
< 1 >
ABAP ABAI Advanced Business Application Programming アバップ
























BAPI Business API ERP ERPパッケージ
SAP SAP AG SAP ERP 6.0 SAP R/2
SAP R/3 SAP SE SAPジャパン SAP社
Systemanalyse und Programmentwicklung Systeme, Anwendungen und Produkte in der Datenverarbeitung Systems, Applications And Products in Data Processing エスエイピー
システム分析とプログラム開発 独SAP社











【 ERPパッケージ の同義語と関連語 】
< 2 >
Agile EBS ERPパッケージ Oracle
Oracle Applications Oracle E-Business Suite PeopleSoft Enterprise Siebel CRM
オラクルアプリケーションズ オラクルイービーエス

















Oracle社




























【 ERPパッケージ の同義語と関連語 】
< 3 >
Enterprise Resource Planning enterprise resource planning ERP ERPパッケージ
イー・アール・ピー イーアールピー エンタープライズ・リソース・プランニング エンタープライズリソースプランニング
企業資源計画 経営の効率化 経営手法 統合業務パッケージ・ソフト
















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム