本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 error burst の意味 】
出典: CRC 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2013/03/21,URL: https://www.wdic.org/

 巡回冗長符号。誤り検出のための符号。データを特定の定数で割り算し、その剰余を検査用の数値として用いる。単純なチェックサムで誤り検出を行なうよりも確実性があるため、厳密性を必要とする場面でよく使われる。

[CRCの種類]
 大きく、データの幅(ビット数)と多項式によって分類される。

ビット幅:用途に応じて、様々ある。一般的なものに、次のようなものがある。
CRC-4
CRC-5
CRC-6
CRC-7
CRC-8
CRC-11
CRC-12
CRC-16
CRC-32
CRC-64
このうち、17ビットの定数を用いて16ビットのCRCを求めるのがCRC-16、33ビットの定数を用いて32ビットのCRCを求めるCRC-32がよく使われる。この定数は多項式と呼ばれ、多項式の違いにより、CRC-16やCRC-32には様々な種類が存在する。

多項式:
・・・
出典: 巡回冗長検査 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月12日 (金) 08:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 巡回冗長検査(じゅんかいじょうちょうけんさ、英: Cyclic Redundancy Check, CRC)は、誤り検出符号の一種で、主にデータ転送などに伴う偶発的な誤りの検出によく使われている。送信側は定められた生成多項式で除算した余りを検査データとして付加して送信し、受信側で同じ生成多項式を使用してデータを除算し、その余りを比較照合することによって受信データの誤り・破損を検出する。デジタル回路で簡単に実装でき、数学的にも分析が容易であり、また、ビットのランダム誤りやバースト誤りを検出できるので、HDLC手順やCSMA/CD方式などにおいて誤りチェック・伝送路ノイズチェックによく使われている。パリティや単純な加算によるチェックサムに比べ検出精度が高く、その点では高級なチェックサムと言える。単純なチェックサムと同じく、データの改竄に対する耐性はない。

[概要]
 CRC は、巡回符号の理論に基づいた誤り検出符号の一種である。その計算は筆算による多項式の除算に似ており、送受信するデータを、あらかじめ決めておいた特定の数で割り、その余りをチェック用の値として使う。ただし、通常の算術による計算ではなく、有限体の計算を行う(繰り上がり・繰り下がりのない算術である点が通常の算術と異なる)。除算に使う特定の数を生成多項式という。余りの長さは常に除数の長さ以下であり、除数の長さによって結果の長さを決定できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

CRC (通信用語の基礎知識)
巡回冗長検査 (Wikipedia)

【 error burst の同義語と関連語 】
< 1 >
CRC CRC-11 CRC-12 CRC-16
CRC-32 CRC-4 CRC-5 CRC-6
CRC-64 CRC-7 CRC-8 CRCチェック
Cyclic Redundancy Check Cyclic Redundancy Code cyclic redundancy check sάɪklɪk rɪdˈʌndnsi tʃék
サイクリィック・リィダンダンシィー・チェック サイクリック・リダンダンシー・チェック シーアールシー じゅんかいじょうちょうけんさ
巡回冗長検査 巡回符号検査





burst error バーストエラー バースト誤り CRCチェックサム
CRC値 CRC符号 error burst 誤り検出符号
誤り検出方式 巡回冗長符号 Cyclic
sάɪklɪk サイクリィック サイクリック 周期的な
循環の Redundancy rɪdˈʌndnsi
リィダンダンシィー リダンダンシー 冗長性 じょうちょうせい
重複 余剰性





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム