本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 error recovery routine の意味 】
source of reference: Exception handling (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 14 August 2019, at 04:45 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

Exception handling is the process of responding to the occurrence, during computation, of exceptions – anomalous or exceptional conditions requiring special processing – often disrupting the normal flow of program execution. It is provided by specialized programming language constructs, computer hardware mechanisms like interrupts or operating system IPC facilities like signals.In general, an exception breaks the normal flow of execution and executes a pre-registered exception handler. The details of how this is done depends on whether it is a hardware or software exception and how the software exception is implemented. Some exceptions, especially hardware ones, may be handled so gracefully that execution can resume where it was interrupted. ...
出典: 例外処理 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月21日 (水) 11:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/


 例外処理(れいがいしょり)とは、プログラムの上位の処理から呼び出されている下位の処理で継続不能、または継続すれば支障をきたす異常事態に陥ったとき、制御を呼び出し元の上位の処理に返し安全な状態になるよう回復処理をすること。その際に発生した異常のことを例外と呼ぶ。継続不能や継続すると問題になる様な状態としては、次のようなものが挙げられる。
● ハードウェアの故障
● オペレーティングシステム等、システムの設定ミス
● ライブラリの欠損
● ユーザーの入力間違い
 ● 数値入力を要求している場合での、英単語の入力
 ● 存在しないファイルの指定
● 許されない演算(0での除算や実数演算で解が虚数になる演算など)
● 割り当てられていない記憶領域へのアクセス
 ● 不正な値が与えられたポインタで参照する、或いは機械語レベルで不正な値が与えられたインデックスレジスタ等を用いてメモリ参照することとなった場合
 ● ページフォールト
● プログラミング言語において、何も参照していないハンドルやポインター(Nullポインタ)を参照して操作しようとした場合(例としてJavaにおけるNullPointerExceptionなど)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

例外処理 (Wikipedia)

【 error recovery routine の同義語と関連語 】
< 1 >
エラーハンドリング error handling error recovery routine エラー処理
























error error message Exception handling エラー
エラーメッセージ バグ れいがいしょり 過失
勘違い 間違い 誤り 誤差
例外 例外処理

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム