本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Error-correcting code memory の意味 】
出典: ECCメモリ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月22日 (水) 23:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ECCメモリ(Error-correcting code memory、Error checking and correction memory、Error check and correct memory)とは、コンピュータの記憶装置の種類の1つで、最も一般的な種類の内部データ破損を検出し修正することができるものである。ECCメモリは科学技術計算や金融機関など、どんな状況でもデータの破損が許されないコンピュータの多くで使われている。

[背景の問題]
 コンピュータシステム内部の電磁気的な干渉により、ダイナミックRAM(DRAM)の1ビットが自発的に反転することがある。 はじめはチップのパッケージに含まれる不純物から放射されるアルファ粒子が主な原因だと考えられていたが、DRAM チップの単発的なソフトエラーの多くは環境放射線、主に二次宇宙線に含まれる中性子によって1つかそれ以上のメモリセルの内容が変化するか、読み出しまたは書き込み回路が妨害されるためであることが研究で示された 。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ECCメモリ (Wikipedia)

【 Error-correcting code memory の同義語と関連語 】
< 1 >
ECCメモリ ECC Memory ECC付きメモリ Error Check and Correct memory
Error check and correct memory érɚ tʃék ənd kərékt mémri エラゥー チェック アェンドゥ コァレクトゥ メムリィー エラゥー・チェック・アェンドゥ・コァレクトゥ・メムリィー
エラー チェック アンド コレクト メモリー エラー・チェック・アンド・コレクト・メモリー Error checking and correction memory Error-correcting code memory
イーシーシー・メモリ イーシーシーメモリ 誤り訂正可能メモリ












ECC ECCコード Error Checking and Correcting Error Checking Correction
Error Correcting Code Error Correcting Coding Error Correction Code イーシーシー
誤り検出・訂正 誤り訂正 誤り訂正コーディング 誤り訂正符号
冗長データ correct kərékt
コァレクトゥ コレクト 正す 訂正する











ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム