本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Es の意味 】
出典: アインスタイニウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月19日 (金) 06:17 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アインスタイニウム (英: einsteinium) は原子番号99の元素。元素記号は Es。アクチノイド元素の一つ。超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。銀色の金属。融点は860 °C。原子価は+3価。詳細な物理的、化学的性質は不明。

[同位体]
 半減期は、アインスタイニウム253が20日、アインスタイニウム254が276日、発見されているものの中ではアインスタイニウム252が最長で470日である。通常は原子炉内での中性子の連続捕獲とβ崩壊によって合成される。当初は不作為的に合成され、作為的合成は極めて困難であったが、近年では作為的合成が容易になっている。このため、アインスタイニウムは単体金属が合成・確認されている最も原子番号の大きい金属元素となっている(フェルミウム以降は単体金属の合成が未だ行われていない)。ただし、融点や結晶構造などの物理的性質・化学的性質は不明な点が多い。 ・・・
出典: スポラディックE層 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月24日 (水) 16:17 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

スポラディックE層(スポラディックイーそう、Es層、略称はEスポ、または、Es、英語:Sporadic E layer)とは春から夏ごろにかけて、主に昼間に上空約100km付近に局地的に突発的(スポラディック)に発生する特殊な電離層である。
Eスポの電子密度が極度に高い場合は、F層でも反射できないVHF(Very High Frequency)帯の電波をも反射するという特殊な性質がある。

[発生時の状況]
伝搬状況
 VHF(周波数が30MHz以上300MHz未満の電波)以上の電波は、通常は、直接波ないし直接の反射波が届く近距離には強力に伝播する。その電界強度は、送信地点から受信地点間の距離が離れるにつれて弱くなるので、見通し距離外の遠距離へは伝播しない。この特性のため、VHF/UHF電波は、通常、近距離間の通信・放送に使われている。
ところが、スポラディックE層と呼ばれる、極度に電子密度の高くなった特殊な電離層が発生すると、VHF帯の電波をも反射する。
この特性のため、通常は電離層を突き抜けてしまうVHF電波が、スポラディックE層から反射されて地上に戻ってくるという異常伝播現象が起こる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

電離層 (Wikipedia)
アインスタイニウム (Wikipedia)
スポラディックE層 (Wikipedia)

【 Es の同義語と関連語 】
< 1 >
アインスタイニウム atomic number 99 ətάmɪk nˈʌmbɚ 99 アゥトァーミック ナンバゥー ナインティーナイン
アゥトァーミック・ナンバゥー・ナインティーナイン アトミック ナンバー ナインティーナイン アトミック・ナンバー・ナインティーナイン 原子番号99
Einsteinium einsteinium ɑɪnstάɪniəm アインスタニエァム
アインシュタイニウム アインスタイニアム アインスタニエム アインスタニューム
Es








































【 Es の同義語と関連語 】
< 2 >
スポラディックE層 Es Es層 Eスポ
Sporadic E layer spərˈædɪk íː ˈleɪɚ スプゥラェデック イー レゥイアゥー スプゥラェデック・イー・レゥイアゥー
スポラディック イー レイヤー スポラディック・イー・レイヤー スポラディックイーそう
















Sporadic spərˈædɪk スプゥラェデック スポラディック
散発的 突発的 散発性の 突発性の
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム