本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Ethernetアダプタ の意味 】
出典: NIC 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/04/04,URL: https://www.wdic.org/

 Ethernetなどに接続するためのカード。ネットワークインターフェイスカード、ネットワークカードとも呼ばれる。

[特徴]
 古くは10BASE-Tあるいは10BASE2、今ではそれらの後継のポートを提供する。一般には「LANカード」や「LANボード」などと称されることも多い。
出典: ネットワークカード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月23日 (木) 04:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ネットワークカード(Network Card)は、コンピュータネットワーク内でコンピュータ間の通信を行うために使用されるハードウェアの1つである。一般的にはLANカード(ランカード)と呼ばれることが多いが、ネットワークアダプタ、ネットワークインタフェースカード(Network Interface Card)などとも呼ばれる。名称のとおり、LANカードについては、有線のLAN、特にイーサネットに対する物を指す場合が多い。ネットワークアダプタについても古くは同様であったが、イーサネット等以外の各種のネットワーク、例えば無線LANや3G、WiMAX等の普及により、コンピュータ(ホスト)から見た通信デバイス一般を指すようになった。NICと称する場合もあるが、これはネットワークインタフェースカード(Network Interface Card)の略では無く、これらカードやアダプタに搭載されているネットワークインタフェースコントローラ(en:Network interface controller)の略称である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

NIC (通信用語の基礎知識)
ネットワークカード (Wikipedia)

【 Ethernetアダプタ の同義語と関連語 】
< 1 >
LANボード Ethernetアダプタ Ethernetカード Ethernetボード
LAN adapter LAN board LAN card LANアダプタ
LANカード Network Adapter Network Card Network Interface Card
Network Interface Controller NIC イーサネットアダプタ イーサネットカード
イーサネットボード ニック ネットワーク・インターフェース・カード ネットワークアダプタ
ネットワークインターフェースカード ネットワークインタフェースカード ネットワークインタフェースコントローラ ネットワークカード
ランカード ランボード

communication interface Ethernetポート アダプタカード 通信インターフェース




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム