本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Ethernetスイッチ の意味 】
出典: スイッチングハブ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月15日 (金) 19:12 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 スイッチングハブ (switching hub) とは、ネットワークにおいて中継をおこなう機器(ハブ)の一種である。

[概要]
 ブリッジと同等の機能がある。従来のリピータハブは、受信したデータ全てを接続された機器に同じように送信してしまうため、機器は自分と関係ないデータも受信してしまう。 また意味のない転送によってネットワークの効率やパフォーマンスを悪化させるうえ、他の機器のデータも受信できてしまうためセキュリティ面の問題などもあった。 しかしスイッチングハブではデータの送り先を解析し、機器に関係あるデータだけを送信するため、上記のようなパフォーマンス悪化やセキュリティの問題が発生しない。ブリッジが2ポート製品から多ポート製品となっていく過程で、従来のリピータと同等の専用機器として定着したものである。 ネットワークスイッチ(ないし単にスイッチ)、レイヤ2スイッチ(L2スイッチ)、LANスイッチとも言う。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

スイッチングハブ (Wikipedia)

【 Ethernetスイッチ の同義語と関連語 】
< 1 >
Catalyst Cisco Catalyst Cisco MEシリーズ Cisco Nexusシリーズ
Cisco Systems社 Ethernet switch Ethernetスイッチ LAN switch
LANスイッチ イーサネットスイッチ カタリスト シスコカタリスト
ネットワークスイッチ












































【 Ethernetスイッチ の同義語と関連語 】
< 2 >
Ethernet Switch Ethernetスイッチ L2 switch L2SW
L2スイッチ LANスイッチ layer 2 switch network switch
SW switch Switching HUB Switching Hub
switching hub アクセススイッチ イーサネットスイッチ スイッチ
スイッチング ハブ スイッチング・ハブ スイッチングHUB スイッチングハブ
スイッチ型ハブ ネットワーク スイッチ ネットワーク・スイッチ ネットワークスイッチ
レイヤ2スイッチ


L3スイッチ スウィッチ リピータハブ




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム