本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 EV-DV の意味 】
出典: CDMA2000 1x 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月26日 (火) 12:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

[概要] 1.25MHzの帯域1本を利用する。そのほかに、同帯域を3本利用するCDMA2000 3xもあるが、通信帯域を3倍消費することになり通信コストが上がることになること、および後述するEV-DO方式があるため、現在のところ商用化される計画はない。CDMA2000同様、W-CDMAに対し、M-CDMA(Microwave Code Division Multiple Access)もしくはL-CDMA(Local-area Code Division Multiple Access)との見方もある。 ・・・

[CDMA2000 1x EV-DV] CDMA2000 1x EV-DV(1x Evolution Data and Voice)は、1xMCを改良した仕様で、周波数帯域が十分に確保出来ない地域用に、高速パケット通信と音声通話の両方を同一の帯域で行うものである。しかし、米国クアルコムは、十分な需要が見込めないなどとして開発を打ち切った。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

CDMA2000 1x (Wikipedia)

【 EV-DV の同義語と関連語 】
< 1 >
EV-DV 1x Evolution Data and Voice CDMA2000 1x EV-DV Evolution Data and Voice
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム