本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 EV-PV の意味 】
出典: アーンド・バリュー・マネジメント 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月15日 (土) 06:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アーンド・バリュー・マネジメント(英: Earned Value Management, EVM)とは、予算および予定の観点からプロジェクトがどのように遂行されつつあるかを定量的に評価し、コスト効率と進捗率を一度に把握するためのプロジェクト管理の技法である。1967年に米国防総省の調達規則の一部として制定された C/SCSC (Cost/Schedule Control System Criteria) が元となっている。1990年代、クリントン大統領政権下における国家的プロジェクトのパフォーマンス改善を通じて見直され、発展してきた。プロジェクトマネジメント知識体系ガイド (PMBOK) の第2版(2000年発行)では、コスト・マネジメントの技法として言及されて (7.4.2.3) いる。進捗の進み/遅れのような指標(スケジュール差異)も日数/時間という単位ではなくコストを単位として求められる点に特色がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アーンド・バリュー・マネジメント (Wikipedia)

【 EV-PV の同義語と関連語 】
< 1 >
アーンド・バリュー・マネジメント Earned Value Management EVM
























AC Actual Cost BAC Budget At Completion
Cost Performance Index Cost Variance CPI CV
EAC Earned Value EV EV-PV
Planned Value PV SV Work Package
WP アーンド・バリュー アクチュアル・コスト コスト効率指数
コスト差異 プロジェクトの総予算 ワーク・パッケージ 完成時総コスト見積り
完成時総予算 実コスト





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム