本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 even の意味 】
出典: 偶数パリティ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/01/06,URL: https://www.wdic.org/

偶数になるようにセットされたパリティ。

[概要]
パリティチェックでは、偶数パリティが使われることが多い。対するは奇数パリティである。
[特徴]4ビットのデータに偶数パリティを1ビット付加し、5ビットにするものとして説明する。5ビット中、1のビットが偶数個になるようにするので、次のようになる。最初の4ビットがデータ、最後の1ビットがパリティとする。
 ● 0000 0
 ● 0001 1
 ● 0010 1
 ● 0011 0
 ● 0100 1
 ● 0101 0
 ● 0110 0
 ● 0111 1
 ● 1000 1
 ● 1001 0
 ● 1010 0
 ● 1011 1
 ● 1100 0
 ● 1101 1
 ● 1110 1
 ● 1111 0
つまり、データ中の「1」の数が奇数ならパリティを「1」として全体として偶数にし、データ中の「1」の数が偶数ならパリティは「0」として全体として偶数であることを維持する。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

偶数パリティ (通信用語の基礎知識)

【 even の同義語と関連語 】
< 1 >
偶数パリティ íːvn pˈærəṭi even parity イーヴン・ペァリディー
イーブン・パリティ 偶数パリティ・チェック 偶数パリティー・チェック 偶数パリティーチェック
偶数パリティチェック


















íːvn Even parity check even odd even check
Parity Check parity check イーヴン イーブン
パリティ・チェック パリティー・チェック パリティーチェック パリティー検査
パリティチェック パリティ検査 奇偶検査 偶数
偶数の 誤り検出













ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム