本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Event Driven Architecture の意味 】
出典: イベントドリブン 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/05/22,URL: https://www.wdic.org/

イベント駆動型。プログラミングスタイルの一つ。処理はイベント毎に分割して記述され、必要に応じて呼びだされ、処理されるというもの。 ・・・
出典: イベント (プログラミング) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月11日 (日) 10:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

イベント (英: event) とは、コンピュータ・プログラムの実行に際し、(プロセス間で共有するイベントカウンタのインスタンスが条件を満たしたときなど)何らかのアクションが発生した際にプログラムに発信される信号(これをメッセージと呼んだりする)を指す。

[イベントドリブン]
イベントドリブン (イベント駆動型、英: event-driven) とは、イベントに応じて選択的にインスタンスへの処理(メソッドの実行)やコンテクストの切り替えを行う方式である。アクションの例としては、キーボードが押される、マウスがクリックされる、などがある。アクションが発生すると、イベント信号が付帯情報(キー種別やボタン種別などのデータ)とともに発信される。また、アクションを起爆剤としてさらに他のプログラムコードが動かされたりするようにプログラミングすることをイベント駆動型プログラミングと称することが多い。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

イベントドリブン (通信用語の基礎知識)
イベント (プログラミング) (Wikipedia)

【 Event Driven Architecture の同義語と関連語 】
< 1 >
EDA Event Driven Architecture event driven event-driven
event-handling イヴェントゥ・ドゥリヴィン イベント ドリブン イベント・ドリブン
イベントドリブン イベントハンドリング イベント駆動 イベント駆動型
イベント処理 イベント対応 事象駆動型 ɪvént drívn












event イベント 事象




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム