本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 exe の意味 】
出典: EXEフォーマット 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月24日 (土) 14:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

EXEフォーマット(エグゼフォーマット)とはMS-DOSおよびその互換・後継環境の実行ファイルフォーマットである。MS-DOSで実行可能なバイナリのフォーマットには他に、COMフォーマットと言うファイルフォーマットが存在する。COMフォーマットは、コード、データ、スタックの全てのセグメントが同一であるモデルで、開始番地も固定の0x100であるメモリイメージそのものであり、シンボル再配置も無い。COMフォーマットは、ファイルヘッダを持たず拡張性がなかった。これに対し、EXEフォーマットは連続した一つのメモリイメージで、コード、データ、スタックの全てが別々の複数のセグメントを用いてアクセスする必要のある場合に対応し、開始アドレスおよびその時のセグメントレジスタの値をファイル先頭から相対指定することが可能でセグメント指定の再配置エントリが存在する。COMフォーマットと区別するために、MS-DOSにおいてはファイル名には.EXEという拡張子が付けられ、ファイルの先頭には0x5A4D(ASCIIコードで'MZ'という文字列)のマジックナンバーが入っている。これは、MS-DOS 2.0の開発責任者の一人、Mark Zbikowskiのイニシャルに由来する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 exe の同義語と関連語 】
< 1 >
.dll .EXE .exe DLL
DLLファイル exe executable file executable module
EXEファイル EXEフォーマット EXE形式 File Extension .exe
load module エグゼ エグゼ・フォーマット エグゼファイル
ディーエルエルファイル ロードモジュール 実行ファイル・フォーマット 実行モジュール
実行可能ファイル 実行可能モジュール 実行可能型ファイル 実行可能形式




.COMファイル COMフォーマット COM形式 file extension
拡張子
























【 exe の同義語と関連語 】
< 2 >
.EXEファイル COMファイル exe exe file
executable code executable file executable format executable program
EXEファイル EXE形式 load module イーエックスイー
イーエックスイー・ファイル エグゼ エグゼ ファイル エグゼ・ファイル
エグゼファイル ロードモジュール 実行ファイル 実行可能コード
実行可能ファイル 実行可能プログラム 実行形式


































【 exe の同義語と関連語 】
< 3 >
EXE exe exec executable
executable module EXECUTE execute execution
run イーエックスイー エキュセキュー エキュセキュウシュン
エキュセキュータボルゥ エグゼ 実行 実行する
実行可能な 実行可能モジュール









.EXE .exe




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム