本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Extended Capabilites Port の意味 】
出典: IEEE 1284 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月26日 (火) 11:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IEEE 1284(アイトリプルイー・イチニーハチヨン)は、コンピュータと他のデバイス間の双方向パラレル通信を定義しているIEEE標準である。2000年代にはすでにUSBケーブルに取って代わられており、古いプリンターで見られる程度となっている。

[概要] 成り立ち: 1970年代にセントロニクス社がプリンター用パラレルインタフェースとして開発し、その後すぐにデファクトスタンダードになった。プリンタとの接続ではUSB以前は業界の標準であった。
● (この標準はHPが拡張版インタフェースとして1992年にリリースしたBitronicsにより標準の地位を保てなくなった。)
● 1991年に、Network Printing Allianceが新しい標準を開発し仕様化した。
● これは1994年3月にIEEE 1284として仕様がリリースされた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IEEE 1284 (Wikipedia)

【 Extended Capabilites Port の同義語と関連語 】
< 1 >
EPPモード Enhanced Parallel Port EPP Extended Parallel Port
IEEE 1284 IEEE EPPモード





















8MB/s ECP Extended Capabilites Port SPP
Standard Parallel Port イーピーピー じゅずつなぎ デイジーチェーン
パラレルポート 高速パラレルポート 高速転送モード 数珠繋ぎ
双方向通信


















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム