本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Fail Safe の意味 】
出典: フェイルセーフ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月3日 (日) 15:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、英語: fail safe)とは、なんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムが『必ず故障する』ということを前提にしたものである。

[手法] 機械は壊れたときに、自然にあるいは必然的に安全側となることが望ましいが、そうならない場合は意識的な設計が必要である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

フェイルセーフ (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
【 Fail Safe の同義語と関連語 】
< 1 >
フェイルセイフ Fail Safe failsafe フェイルゥセイフ
フェイルセーフ フェールセーフ



















































【 Fail Safe の同義語と関連語 】
< 2 >
フェイルセーフ Fail Safe fail safe
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム