本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【Feistel構造】
出典: ファイステル構造 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月10日 (土) 09:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ ファイステル構造(ファイステルこうぞう、英語: Feistel structure)は、ブロック暗号の構成法の一種である。ほとんどのブロック暗号は、実装コストを効率化するために同一のラウンド関数を繰り返す繰り返し暗号になっており、ファイステル構造は繰り返し暗号の代表的な構成法である。他の構成としてはSPN構造がある。 [概要] 1977年にIBMのホルスト・ファイステルが開発したDESの構造から、ファイステル構造と呼ばれる。暗号に求められる性質の1つに暗号文から平文を復号できること(復号可能性)があるが、ファイステル構造は逆変換が自分自身と同じ形になる性質がある(インボルーション)ため、ラウンド関数に任意の関数を用いても復号可能性が保証できるという特徴がある。DES以降、FEAL、MISTY1、Camelliaなど、多くのブロック暗号でファイステル構造は採用されている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【Feistel構造】
< 1 >
Feistel structure Feistel構造 ファイステルこうぞう 変形ファイステル構造
























SPN構造 ブロック暗号 ホルスト・ファイステル



























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索、外部リンク、 IT用語辞典リンク集 から 

バナースペース

パステム