本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【FMA】
出典: 積和演算 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月24日 (日) 16:08 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

積和演算 (せきわえんざん)は、演算のひとつで、積の和を求める、つまり乗算の結果を順次加算する演算である。乗累算 (じょうるいざん) とも言う。MAD/MADD (multiply-add) もしくは MAC/MACC (multiply-accumulate) と呼ばれることもある。デジタル信号処理において非常に多く使用される演算で、デジタルシグナルプロセッサでは積和算命令を1クロックで実行できる専用の演算回路を持つ。また、1秒間にこの積和演算を何回実行できるか、がプロセッサの性能指標として使われることもある。

[融合積和演算] 積和の演算式において、途中の積算 {\displaystyle b\times c} b\times cの演算結果を浮動小数点数の値としていったん丸めてしまうと、最終演算結果に大きな誤差が発生する。途中の積算を丸めず、積和演算を1命令で行なってしまうことで、最終演算結果の誤差を小さくするのが融合積和演算 (fused multiply-add, FMA/FMAD) である。FMAはIEEE 754規格の2008年改訂版 (IEEE 754-2008) で標準化されている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【FMA】
< 1 >
Advanced Vector eXtensions 2 AVX2 FMA Fused Multiply Add
エーブイエックスツー フューズドゥ・モルティプライ・アェッドゥ 加算 乗算
融合積和算
















































IT用語同義語・関連語【FMA】
< 2 >
AVX命令 FMA FMAD Fused Multiply Add
fused multiply-add Intel Advanced Vector eXtensions Intel AVX SIMD拡張命令
エフエムエー 融合積和算 融合積和算命令














































IT用語同義語・関連語【FMA】
< 3 >
FMA FMAD fused multiply-add IEEE 754-2008
融合積和演算






















積和演算





























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム