本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【GCH Systems Ltd.】
出典: BIOS 『通信用語の基礎知識』 引用年月日 2019年 7月12日 JST、URL: https://www.wdic.org/

電子計算機に搭載されたソフトウェアのうちで、ハードウェアに最も近い部分を扱うもの。ファームウェアの一つ。直訳すると「基本入出力システム」。

[概要] オペレーティングシステム(OS)とハードウェアの中間に入り、ハードウェアの制御などの基本処理を行なうためのソフトウェアをまとめたものである。元々はCP/Mの用語として使われた。後に普及し、様々な場面で使われるようになった。BIOSの語源は、ギリシャ語のβίος(bíos、命)であるとされている。

[特徴] 用途:BIOSには、いくつかの目的がある。
● ハードウェアの抽象化
● ハードウェアの制御の共通化
● リソース管理の一元化
古い時代のOSでは、アプリケーションソフトウェアから直接ハードウェアを扱うことができた。この時代でも、パーソナルコンピューター(PC)にBIOSが用意されており、BIOSを使えば比較的簡単にハードウェアを操作でき、かつハードウェアの直接操作を避けることができた。ソフトウェアとハードウェアとの間に緩衝を設けることで、ハードウェアに変更が加えられた場合でも、BIOS側でその変更に対応させることが可能だった。 ・・・
出典: Basic Input/Output System 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月17日 (日) 15:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Basic Input/Output System(ベーシック インプット/アウトプット システム、頭字語:BIOS(バイオス))とは、ファームウェアの一つで、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムである。BIOSソフトウェアはパーソナルコンピュータ (PC) に組み込まれており、電源投入と同時に実行される。主な働きはハードウェアを初期化して記憶装置からブートローダーを呼び出すことで、そのほかにキーボードやディスプレイなどの入出力装置とプログラムが相互に作用するための抽象化した層(英: abstract layer)を提供する。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
BIOS(バイオス)とは?種類や設定方法を開設! (ドスパラ)

IT用語同義語・関連語【GCH Systems Ltd.】
< 1 >
BIOS AMI BIOS Award BIOS Phoenix BIOS
アミバイオス アワードバイオス バイオス フェニックスバイオス




















Award Software Award Software International Inc. Award Software International,Inc. BIOS manufacturer
BIOSメーカー Bob Stillman GCH Systems Ltd. http://www.award.com/
Phoenix Technologies Phoenix Technologies Ltd. Rene Vishney アワードソフトウェアジャパン株式会社
フェニックス・テクノロジーズ・リミテッド フェニックステクノロジーズ社 ボブ・スティルメン















【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム