本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【GDI】
出典: 2次元コンピュータグラフィックス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月10日 (月) 04:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

2次元コンピュータグラフィックス(にじげんコンピュータグラフィックス、英語: two-dimensional computer graphics, 2DCG)とは、コンピュータを使って図や絵を描く技術のことである。コンピュータを使って描かれた図や絵そのものを指すこともある。

[概要] 2DCGにより作成される絵や図は、コンピュータの内部表現として、写真修整や画材表現に適したラスタ形式と、ロゴデザイン、設計・製図や地図などに適したベクタ形式に分かれる。DTPなど実際のアプリケーションにおいては、これらの表現形式は混在しているケースが多い。かつて1980~1990年代「ラスターグラフィックス」(=画像)、「ベクターグラフィックス」(=図形)という区分が存在したが、こんにち内部表現がベクタ形式であっても、利用者が目にするのはラスタライズされた結果であることがほとんどなので、このような区分方法が用いられることは少なくなっている。加えて、デザインやイラストレーション、アニメーションなどでデジタル作画・彩色が主流となっている今日においては、特に必要な場合を除いては「2DCG」という表現自体が使用されなくなっている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【GDI】
< 1 >
2-Dimensional Computer Graphics 2DCG 2Dグラフィックス 2次元グラフィックス
2次元コンピュータ・グラフィックス 2次元コンピュータグラフィックス CG Computer Graphics
computer graphics DirectDraw DirectX Graphics GDI
two-dimensional computer graphics コンピュータ・グラフィックス コンピューター・グラフィックス コンピュータグラフィック
コンピュータグラフィックス シージー 二次元グラフィックス 二次元コンピュータグラフィックス






































IT用語同義語・関連語【GDI】
< 2 >
GDI GDI+ Graphic Device Interface Graphical Device Interface
graphical device interface Graphics Device Interface Graphics Device Interface Plus グラフィック デバイス インターフェース
グラフィック デバイス インターフェース プラス グラフィック・インターフェース グラフィック・デバイス・インターフェース グラフィック・デバイス・インターフェース・プラス
ジーディーアイ ジーディーアイプラス












































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム