本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 híːliəm の意味 】
出典: ヘリウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月13日 (水) 10:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ヘリウム (新ラテン語: helium, 英: helium )は、原子番号 2、原子量 4.00260、元素記号 He の元素である。

[名称]
 ノーマン・ロッキャーとエドワード・フランクランドが名づけた。「ヘリウム」とは、ギリシア語で太陽(ἥλιος)を意味する。当時、太陽を構成する元素だと考えられたためである。

[特徴]
 無色、無臭、無味、無毒(酸欠を除く)で最も軽い希ガス元素である。すべての元素の中で最も沸点が低く、加圧下でしか固体にならない。ヘリウムは不活性の単原子ガスとして存在する。また、存在量は水素に次いで宇宙で2番目に多い。ヘリウムは地球の大気の0.0005パーセントを占め、鉱物やミネラルウォーターの中にも溶け込んでいる。天然ガスとともにごく微量に産出し、気球や小型飛行船の浮揚ガスとして用いられたり、液体ヘリウムを超伝導用の低温素材としたり、大深度へ潜る際の呼吸ガスとして用いられている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ヘリウム (Wikipedia)

【 híːliəm の同義語と関連語 】
< 1 >
ヘリウム atomic number 2 He Helium
helium híːliəm ヒーリィアム ヘリアム
アトーミック・ナンバゥー・トゥー アトミック・ナンバー・ツー 原子番号2















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム