本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Hadoop Common の意味 】
出典: Apache Hadoop 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月27日 (木) 07:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支えるオープンソースのソフトウェアフレームワークであり、Javaで書かれている。Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよびペタバイト級のデータを処理することを可能としている。HadoopはGoogleのMapReduceおよびGoogle File System(GFS)論文に触発されたものである。

[アーキテクチャ]
 Hadoopは、以下の4つのモジュールによって構成されている。
● Hadoop Common: 他のモジュールから共通して利用されるライブラリ群。
● Hadoop Distributed File System (HDFS): Hadoop独自の分散ファイルシステム。
● Hadoop YARN: Hadoopクラスタのリソース管理や、Hadoop上で動作するアプリケーションのスケジューリングを担当する。
● Hadoop MapReduce: Hadoop上で動作するMapReduceフレームワークの実装。・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Apache Hadoop (Wikipedia)

【 Hadoop Common の同義語と関連語 】
< 1 >
Apache Hadoop Apache Hadoop 3.0 Hadoop Hadoop Common
Hadoop Distributed File System Hadoop MapReduce HBase HDFS
MapReduce アゥパェチィ ハドゥープ アゥパェチィ・ハドゥープ アパッチ ハドゥープ
アパッチ・ハドゥープ ハデュープ ハドゥープ












Apache Spark アパッチスパーク ビッグデータ ビッグデータ解析
ビッグデータ処理ツール

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム