本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 handshaking の意味 】
出典: ハンドシェイク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年3月20日 (水) 01:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ハンドシェイク(英: handshake)は、情報技術や電気通信の分野において、2点間の通信路を確立した後、本格的に通信を行う前にパラメータを取り決めるなどの事前のやり取りを自動的に行うこと。その後、通常の情報の転送を行う。コンピュータが外部の機器と通信する際には、通信の規則を確立する手段として普通にハンドシェイクが行われる。例えば、モデムやプリンターを使う場合、コンピュータはそれら機器とハンドシェイクによるコネクションの確立をする必要がある。ハンドシェイクは、通信路の両端にある装置とシステムの双方にとって受け入れられるパラメータについての交渉に使われることもある。例えば、情報転送レート、符号の種類、パリティ、割り込み方式、その他のプロトコルやハードウェア固有の設定などである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハンドシェイク (Wikipedia)

【 handshaking の同義語と関連語 】
< 1 >
handshake hǽndʃèɪk handshaking ハェンドゥシェイク
ハンドシェイキング ハンドシェイク ハンドシェイク通信




















握手





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム