本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Hewlett-Packard Instrument Bus の意味 】
出典: IEEE 488 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月16日 (土) 06:22 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IEEE 488とは、短距離デジタル通信バス仕様である。元々は自動テスト設備に用いられることを目的として作られたが、現在でもその分野では広い範囲で使われている。IEEE 488はまたHP-IB (Hewlett-Packard Instrument Bus) やGPIB (General Purpose Interface Bus) としてよく知られている。

[設計] IEEE 488は、デイジーチェーン接続により、1つの8bitパラレル電気バスを15個までのデバイスで共有できるものである。最も低速のデバイスが制御に参加するので、データ転送速度を決定するためにデータをハンドシェイクして送る。最初の標準では最大データ速度は約1MByte/sであったが、IEEE 488.1-2003 (HS-488) では8MByte/secになっている。

[歴史] 1960年代後半、Hewlett-Packard (HP) は、デジタルマルチメーターやロジックアナライザのような試験および測定装置メーカーであった。HPはコンピュータのような試験装置や制御装置をより簡単に相互接続できるようにするために、HP Interface Bus (HP-IB) を開発した。このバスはその当時の技術を用いて比較的簡単に実装できた。このバスは単純なパラレルの電気バスといくつかの独立した制御線を用いていた。他のメーカーはHP-IBをコピーして、General Purpose Interface Bus (GPIB) を作った。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IEEE 488 (Wikipedia)
IEEE 488 - 汎用インタフェース (BLACK BOX)

【 Hewlett-Packard Instrument Bus の同義語と関連語 】
< 1 >
IEEE 488 488 ANSI/IEEE規格488.2-1987 ANSI/IEEE規格488-1978
General Purpose Interface Bus general purpose interface bus General-Purpose Interface Bus GP-IB
GPIB Hewlett-Packard Instrument Bus Hewlette-Packard Interface Bus HP Interface Bus
HP-IB IEEE 488.1-2003 IEEE Std. 488-1978 IEEE-488
アイトリプルイーよんはちはち エイチピーアイビー ジーピーアイビー ジェネァラルゥ・パゥーパゥス・インタゥフェイス・バス
ジェネラル・パーパス・インターフェイス・バス はんようパラレルインターフェース 計測機器用バス 汎用インタフェース
汎用インタフェースバス 汎用パラレルインターフェース
































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム