本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 HF の意味 】
出典: 電離層 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月12日 (金) 08:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電離層(でんりそう)とは、地球を取り巻く大気の上層部にある分子や原子が、紫外線やエックス線などにより電離した領域である。この領域は電波を反射する性質を持ち、これによって短波帯の電波を用いた遠距離通信が可能である。

[概要]
 熱圏に存在する窒素や酸素などの原子や分子は、太陽光線などを吸収する。そのエネルギーによって、原子は原子核の回りを回転する電子を放出し、イオンとなる。この現象を光電離という。この電離状態であるイオンと電子が存在する領域が電離層である。大気に入った紫外線などは、熱圏内で次々と原子や分子に吸収されていくため、繰り返し光電離が生じる。こうして熱圏内は電子密度の高い状態となっている。
電離層は熱圏および中間圏内(高度約60kmから500kmの間)に位置し、電子密度の違いによって、下から順にD層 (60km - 90km)、E層 (100 - 120km)、F1層 (150km - 220km)、F2層 (220 - 800km) の4つに分けられる。 ・・・
出典: 短波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 12:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

短波(たんぱ、HF(High Frequency)またはSW(Shortwave, Short Wave))とは、3 - 30MHzの周波数の電波をいう。波長は10 - 100m、デカメートル波とも呼ばれる。

[概要]
 電離層の反射により上空波が地球表面の遠方まで到達するため、適切な設備と周波数を使えば世界中との通信が可能である。逆に、電離層の存在により地表面から宇宙空間への通信には全く向かず(逆も然り)、もっぱら地球上の地表面同士での通信に利用される。
電離層F層での反射の影響により受信信号の周期的な強弱の変化(フェージング)が起こりやすく、電離層の日変化、季節変化、太陽黒点の活動の影響を大きく受けるために伝搬の安定度は劣る。帯域内のそれぞれの周波数において様々な伝搬特性があり、通信内容に応じた周波数・電波型式・電波の発射角度などを変更することで安定した通信を確保する。 ・・・
出典: スポラディックE層 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月24日 (水) 16:17 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

スポラディックE層(スポラディックイーそう、Es層、略称はEスポ、または、Es、英語:Sporadic E layer)とは春から夏ごろにかけて、主に昼間に上空約100km付近に局地的に突発的(スポラディック)に発生する特殊な電離層である。
Eスポの電子密度が極度に高い場合は、F層でも反射できないVHF(Very High Frequency)帯の電波をも反射するという特殊な性質がある。

[発生時の状況]
 伝搬状況
VHF(周波数が30MHz以上300MHz未満の電波)以上の電波は、通常は、直接波ないし直接の反射波が届く近距離には強力に伝播する。その電界強度は、送信地点から受信地点間の距離が離れるにつれて弱くなるので、見通し距離外の遠距離へは伝播しない。この特性のため、VHF/UHF電波は、通常、近距離間の通信・放送に使われている。
ところが、スポラディックE層と呼ばれる、極度に電子密度の高くなった特殊な電離層が発生すると、VHF帯の電波をも反射する。
この特性のため、通常は電離層を突き抜けてしまうVHF電波が、スポラディックE層から反射されて地上に戻ってくるという異常伝播現象が起こる。 ・・・


【 HF の意味 】
出典: 電波の周波数による分類 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月24日 (日) 22:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

[分類]
ITUによる分類
ELF:0.03Hz~300Hz
ULF:300Hz~3kHz
VLF:3~30kHz
LF:30~300kHz
MF:300kHz~3MHz
HF:3~30MHz
VHF:30NHz~300MHz
UHF:300MHz~3GHz
SHF:3~30GHz
EHF:30GHz~300GHz
:300GHz~3THz
出典: フッ素 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月19日 (火) 07:11 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フッ素(フッそ、弗素、英: fluorine)は原子番号 9 の元素。元素記号はラテン語のFluorumの頭文字よりFが使われる。原子量は 18.9984 で、最も軽いハロゲン元素。また、同元素の単体であるフッ素分子(F2、二弗素)をも示す。 ・・・

[名称] フランスのアンドレ=マリ・アンペールがfluorineと名付けた。この名前は蛍石 (Fluorite) にちなんでいる。アンペールはその後、phthorineに名前を改めた。ギリシア語の「破壊的な」という語に由来している。ギリシア語は、アンペールの新名称 (Φθόριο) を採用した。しかしながら、イギリスのハンフリー・デーヴィーがfluorineを使い続けたため、多くの言語ではfluorineに由来する名称が定着した。日本語の「弗素」も、ドイツ語のFluorの音訳の1文字目から取られたものである。

[用途] その性質上、フッ素を単体で使う場面は少なく、フッ化カルシウム (CaF2) と硫酸 (H2SO4) から生成するフッ化水素 (HF) を介して利用されることが多い。ウラン235 (235U) 濃縮のため、揮発性の高いフッ化ウラン (UF6) を製造する目的で単体フッ素が利用されることは、特筆すべき事柄である。フッ素を添加した合成樹脂やゴムは、酸・アルカリ性の薬品や摩耗などに対して耐久性が高まるため、半導体製造装置や自動車などの部品・部材に使われる。 ・・・
出典: 電離層 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月12日 (金) 08:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電離層(でんりそう)とは、地球を取り巻く大気の上層部にある分子や原子が、紫外線やエックス線などにより電離した領域である。この領域は電波を反射する性質を持ち、これによって短波帯の電波を用いた遠距離通信が可能である。

[概要]
熱圏に存在する窒素や酸素などの原子や分子は、太陽光線などを吸収する。そのエネルギーによって、原子は原子核の回りを回転する電子を放出し、イオンとなる。この現象を光電離という。この電離状態であるイオンと電子が存在する領域が電離層である。大気に入った紫外線などは、熱圏内で次々と原子や分子に吸収されていくため、繰り返し光電離が生じる。こうして熱圏内は電子密度の高い状態となっている。
電離層は熱圏および中間圏内(高度約60kmから500kmの間)に位置し、電子密度の違いによって、下から順にD層 (60km - 90km)、E層 (100 - 120km)、F1層 (150km - 220km)、F2層 (220 - 800km) の4つに分けられる。 ・・・


【 HF の意味 】
出典: アマチュア無線の周波数帯 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月7日 (土) 13:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アマチュア無線の周波数帯(アマチュアむせんのしゅうはすうたい)とは、アマチュア無線用に割り当てられた周波数帯である。アマチュアバンドやハムバンドとも呼ばれる。

[概要]
 電波は有限の資源であるため、国際電気通信連合は国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則(以下RRと略称)により、用途毎に周波数を各国に分配している。アマチュア業務についても長波からミリ波に至るまでの間に点在している。・・・
出典: フッ化水素 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月6日 (土) 03:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フッ化水素(フッかすいそ、弗化水素、hydrogen fluoride)とは、水素とフッ素とからなる無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。水溶液はフッ化水素酸 (hydrofluoric acid) と呼ばれ、フッ酸とも俗称される。毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されている。

[主な用途] フッ化物やフロンガス、フッ素樹脂の製造原料、ガラスの彫刻、電球・ブラウン管のつや消し、金属の洗浄、鋳造物の洗浄、半導体物質のエッチング剤等。 ・・・
出典: 短波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 12:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

短波(たんぱ、HF(High Frequency)またはSW(Shortwave, Short Wave))とは、3 - 30MHzの周波数の電波をいう。波長は10 - 100m、デカメートル波とも呼ばれる。

[概要]
電離層の反射により上空波が地球表面の遠方まで到達するため、適切な設備と周波数を使えば世界中との通信が可能である。逆に、電離層の存在により地表面から宇宙空間への通信には全く向かず(逆も然り)、もっぱら地球上の地表面同士での通信に利用される。
電離層F層での反射の影響により受信信号の周期的な強弱の変化(フェージング)が起こりやすく、電離層の日変化、季節変化、太陽黒点の活動の影響を大きく受けるために伝搬の安定度は劣る。帯域内のそれぞれの周波数において様々な伝搬特性があり、通信内容に応じた周波数・電波型式・電波の発射角度などを変更することで安定した通信を確保する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

スポラディックE層
電離層 (Wikipedia)
短波 (Wikipedia)
電波の周波数による分類 (Wikipedia)
フッ素 (Wikipedia)
フッ素とは? (森田化学工業株式会社)
アマチュア無線の周波数帯 (Wikipedia)
フッ化水素 (Wikipedia)

【 HF の同義語と関連語 】
< 1 >
10MHz帯 10.10~10.15MHz 10.125MHz 10100~10150kHz
10125kHz 10MHz 10MHz band 10MHzバンド
10メガ 30m 30m band 30mバンド
アマチュアバンド じゅうメガ ハムバンド












amateur radio アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ アマチュア無線

HF éɪtʃ éf エッチエフ
エイチエフ High Frequency hάɪ fríːkwənsi ハーイ フリクヮンシィー
ハーイ・フリクヮンシィー ハーイ フリークウェンスィー ハーイ・フリークウェンスィー ハイ フレケンシー
ハイ・フレケンシー 短波 たんぱ
SW Shortwave Short Wave 3~30MHz
10~100m デカメートル波



【 HF の同義語と関連語 】
< 2 >
14MHz帯 14.00~14.35MHz 14.175MHz 14000~14350kHz
14175kHz 14MHz 14MHz band 14MHzバンド
14メガ 20m 20m band 20mバンド
DX band DXバンド アマチュアバンド じゅうよんメガ
ハムバンド










amateur radio DX HF アマチュア・レディオ
アマチュァー・レイディオウ アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 3 >
18MHz帯 17m 17m band 17mバンド
18.068~18.168MHz 18.118MHz 18068~18168kHz 18118kHz
18MHz 18MHz band 18MHzバンド 18メガ
アマチュアバンド じゅうはちメガ ハムバンド












amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 4 >
21MHz帯 15m 15m band 15mバンド
21.00~21.45MHz 21.225MHz 21000~21450kHz 21225kHz
21MHz 21MHz band 21MHzバンド 21メガ
アマチュアバンド にじゅういちメガ ハムバンド












amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 5 >
24MHz帯 12m 12m band 12mバンド
24.89~24.99MHz 24.94MHz 24890~24990kHz 2494kHz
24MHz 24MHz band 24MHzバンド 24メガ
アマチュアバンド にじゅうよんメガ ハムバンド












amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 6 >
28MHz帯 10m 10m band 10mバンド
28.00~29.70MHz 28.85MHz 28MHz 28MHz band
28MHzバンド 28メガ アマチュアバンド にじゅうはちメガ
ハムバンド














amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 7 >
3.5MHz帯 3.500~3.575MHz 3.5375MHz 3.599~3.612MHz
3.5MHz 3.5MHz band 3.5MHzバンド 3.5メガ
3.680~3.687MHz 3500~3575kHz 3537.5kHz 3599~3612kHz
3680~3687kHz 80m 80m band 80mバンド
アマチュアバンド さんてんごメガ さんはん ハムバンド








amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 8 >
3.8MHz帯 3.702MHz~3.716MHz 3.745MHz~3.777MHz 3.791MHz~3.805MHz
3.798MHz 3.8MHz 3.8MHz band 3.8MHzバンド
3.8メガ 3702~3716kHz 3745~3777kHz 3791~3805kHz
3798kHz 75m 75m band 75mバンド
アマチュアバンド さんてんはちメガ ハムバンド








amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 9 >
7MHz帯 40m 40m band 40mバンド
7.00~7.20MHz 7.10MHz 7000~7200kHz 7100kHz
7MHz 7MHz band 7MHzバンド 7メガ
アマチュアバンド ななメガ ハムバンド












amateur radio HF アマチュア・レディオ アマチュァー・レイディオウ
アマチュア無線 たんぱ 短波






















【 HF の同義語と関連語 】
< 10 >
フッ化水素 háidrədʒən flúəràid HF hydrogen fluoride
ハイドゥラゥジェン・フロゥーァライドゥ ハイドゥロジェン・フルゥーァライドゥ ハイドロジェン・フルアライド フッかすいそ
フッ酸 弗化水素

















fluorite エッチングガス ケイセキ ステラケミファ
ダイキン フルオライト フローライト ほたるいし
蛍石 森田化学工業株式会社 螢石


















【 HF の同義語と関連語 】
< 11 >
短波 HF éɪtʃ éf エッチエフ
エイチエフ High Frequency hάɪ fríːkwənsi ハーイ フリクヮンシィー
ハーイ・フリクヮンシィー ハーイ フリークウェンスィー ハーイ・フリークウェンスィー ハイ フレケンシー
ハイ・フレケンシー ハイ フリクヮンシィー ハイ・フリクヮンシィー たんぱ
SW エスダブリュー Shortwave Short Wave
ʃˈɔɚt weɪv ショーァトゥ・ウェイヴ ショート・ウェイブ 3~30MHz
10~100m デカメートル波

電波 電磁波 電離層 デリンジャー現象
黒点 Eスポ スポラディックE層























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム