本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 High Definition television の意味 】
出典: ハイビジョン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月19日 (火) 07:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ ハイビジョン (Hi-Vision) は、日本における高精細度テレビジョン放送 (High Definition television / HDTV) の愛称である。

[概要] NTSC標準テレビ放送に対し走査線が2倍以上あるため、高精細な画像である。画面の縦横比(アスペクト比)は人間の視野に合わせて標準 (4:3) よりも横長な16:9である。日本では2016年(平成28年)現在、2種類の放送規格がある。衛星放送(BS/110度CS)のデジタルハイビジョン (ISDB-S) と地上デジタルハイビジョン (ISDB-T) である。なおBSアナログハイビジョン (MUSE) は2007年(平成19年)9月30日に終了した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハイビジョン (Wikipedia)

【 High Definition television の同義語と関連語 】
< 1 >
アナログハイビジョン 1125/60HDTV BSアナログハイビジョン BSハイビジョン放送
HDTV HDTV放送 Hi-Vision High Definition television
アナログハイビジョン放送 ハーイ・ダゥファニシュン・テレゥヴィジュン ハイ・デフィニション・テレビジョン ハイビジョン
ハイビジョン放送 高精細度テレビジョン放送 高品位テレビ 総走査線 1,125本
有効走査線 1,035本










16:9 BSアナログハイビジョン2007年 9月30日終了 BS放送 Definition
MUSE方式 ダゥファニシュン デフィニション フィールド周波数 60.00Hz
ミューズ方式 商標登録 精細度 多重サブサンプル方式



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム