本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 High Frequency Trade の意味 】
出典: 高頻度取引 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月28日 (月) 12:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

高頻度取引(こうひんどとりひき、英: High frequency trading: HFT)とは、1秒に満たないミリ秒単位のような極めて短い時間の間に、コンピューターでの自動的な株のやり取り戦略を実施するシステムのこと。HFT、超高頻度取引、超高速取引、アルゴリズム取引、アルゴとも呼ばれる。

[概要] どの程度自動化かつ高速化された取引を高頻度取引と呼ぶかについての統一的な定義はないが、 最適化された通信システムを用いて取引執行にかかるレイテンシ(遅延時間)を小さくし、 高い演算能力を持つコンピューター上でコンピューターアルゴリズムを実行することで、 市況を自動的に判断しながら秒単位、ミリ秒単位で自動的に自己のポジションを変更する取引戦略のことを指す場合が多い。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

高頻度取引 (Wikipedia)

【 High Frequency Trade の同義語と関連語 】
< 1 >
高頻度取引 HFT High Frequency Trade High Frequency Trading
high-frequency trading hάɪ fríːkwənsi tɹeɪdɪŋ アルゴ アルゴリズム取引
こうひんどとりひき ハイ・フリクヮンシィー・トゥレイディング ハイ・フリクヮンシィー・トゥレイドゥ ハイフリークエンシー・トレーディング
ハイフリークエンシー・トレード 超高速取引 超高速売買 超高頻度取引
超高頻度売買









































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム