本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 High-Definition Digital Versatile Disc の意味 】
出典: HD DVD 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月7日 (水) 11:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

HD DVD(エイチディー・ディーブイディー、High-Definition Digital Versatile Disc)とはDVDフォーラムによって議論および承認が行われた青紫色半導体レーザーを使用する第3世代光ディスクの規格である。対応機器を3波長化することで従来のCDやDVDも使用できる。ソニー・フィリップス・松下電器産業(現パナソニック)が中心となって開発を進めていたBlu-ray Disc(以下、BD)に対抗する形で2002年8月29日に東芝とNECがDVDフォーラムに第3世代光ディスク候補の「AOD (Advanced Optical Disc) 」として提案、同年11月26日にDVDフォーラムがAODを「HD DVD」の名称で正式承認したことにより誕生した。2008年2月19日にHD DVD陣営の中心である東芝が全面的な撤退を発表し、また普及団体も解散したためBDとの規格争いは終結した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

HD DVD (Wikipedia)

【 High-Definition Digital Versatile Disc の同義語と関連語 】
< 1 >
HD DVD Advanced Optical Disk advanced optical disc AOD
High Definition DVD High-Definition Digital Versatile Disc あおむらさきいろレーザー エイチディー・ディーブイディー
エイチディーディーブイディー エーオーディー 大容量光ディスク 第3世代光ディスク
片面一層15GB 片面二層30GB













15GB 30GB 405nm Versatile
バーサタイル 解散 次世代DVD 青紫色レーザー
青紫色半導体レーザー 多用途 撤退 融通が利く



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム