本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 HITAC 5020 の意味 】
出典: 情報処理技術遺産 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月14日 (金) 04:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

情報処理技術遺産(じょうほうしょりぎじゅついさん)は、日本のコンピュータ技術発達史上の重要な研究開発成果や、顕著な影響を与えたコンピュータ技術・製品などを次世代に継承していくことを目的とする認定制度である。分散コンピュータ博物館とともに情報処理学会が運営している。2009年2月23日に認定制度が開始され、第1回には23点が認定された。<概要>
情報処理学会の学会誌『情報処理』に、「遺産」から毎号1点を選んで和田英一が紹介する記事が連載されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

情報処理技術遺産 (Wikipedia)

【 HITAC 5020 の同義語と関連語 】
< 1 >
H-8564磁気ディスク駆動装置 ìnfɚméɪʃən prɑ́sɛsɪŋ teknάlədʒi hérəṭɪdʒ HITAC 10 HITAC 5020
Information Processing Technology Heritage JW-10 NEACシリーズ 2200モデル50 OKITAC-4300C
PC-9801 TOSBAC-3400 インフォァメイシュン・プロセシィング・テクナラゥジィー・ヘリァテッジ インフォーメイション・プロセシィング・テクノロジー・ヘリテージ
ディスクパック 磁気ディスク 初の日本語ワードプロセッサ 初期の磁気ディスク駆動装置
情報処理技術遺産 情報処理技術遺産 2008年度(第1回)認定リスト 全IC化小型汎用コンピュータ 卓上型16ビットパソコン
日本初ミニコンピュータ 日本初大型汎用コンピュータ 日本初日本語ワードプロセッサ



































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム