本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Holographic computing の意味 】
出典: Microsoft HoloLens 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月14日 (月) 15:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft HoloLens開発元マイクロソフト種別拡張現実、ヘッドマウントディスプレイ発売日開発者(米国): 2016年3月30日消費者(米国):標準価格開発者版: $3,000 USDOSWindows 10CPUインテル 32ビット (1GHz)重量579gウェブサイト公式ウェブサイトMicrosoft HoloLensとはマイクロソフトが開発しているヘッドマウントディスプレイ(HMD)方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータである。

[概要] 近年、各社から発売が相次ぐコンピューターやスマートフォンとの連携を必要とするVRデバイスとは異なり、本体にはCPUやGPU、それにホログラフィック・プロセッサが内蔵されているので単体(スタンドアローン)で機能する。表示装置は透過型で実物の景色に画像を重ね合わせることによって複合現実をもたらす。Atom x5-Z8100 SoCは、Cherry Trailファミリーのセミカスタムチップで、Microsoftが現行のHoloLensで使用している。Intelは2017年9月30日で受注を終了し、最後の出荷は2017年10月30日になる。このSoCを使用しているのはMicrosoftのみとみられ、次世代HoloLensに向けてMicrosoft側から生産終了を提示した可能性が高い、との情報がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Holographic computing の同義語と関連語 】
< 1 >
Holographic computing HoloLens https://www.microsoft.com/en-us/hololens Microsoft HoloLens
ホロレンズ マイクロソフトホロレンズ 拡張現実ウェアラブルコンピュータ




















HMD Windows Holographic ウィンドウズホログラフィック ヘッドマウントディスプレイ



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム