本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 HSPA の意味 】
出典: モバイルWiMAX 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月23日 (土) 08:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

モバイルWiMAX(モバイル ワイマックス、Mobile Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは、移動体通信を想定した無線ネットワーク・システムの規格の1つである。最初の規格は、第3.9世代移動通信システムの一つで、2005年12月に、電気通信に関する国際的な標準化団体であるIEEEで、IEEE 802.16e-2005として規格が定められた。後継規格はWiMAX2とも呼ばれ、第4世代移動通信システムの一つで、2011年3月31日にIEEE 802.16mとして規格が定められた。この規格は、固定式、又はほとんど移動しない用途での無線ネットワーク・システムの規格であるWiMAXが元となって策定されたため、主要な部分が同一である。

[特徴]
 高速通信:モバイルWiMAXの伝送速度は75Mbpsとされ、例えば同様の用途として2009年初頭現在、日本で最大伝送速度を持つHSDPAでサービスされている7.2Mbps又は14.4Mbpsやその規格上限の28.0Mbpsと比較すると、モバイルWiMAXは規格上はかなり上回っている。2009年夏から提供されている日本での商用サービス(UQコミュニケーションズ)では下りを40Mbpsとしている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

モバイルWiMAX

【 HSPA の同義語と関連語 】
< 1 >
3.5G 3Gハイスピード 5.7Mbps 7.2Mbps
Enhanced Uplink EUL FOMA High Speed FOMAハイスピード
High Speed Downlink Packet Access High Speed Packet Access High Speed Uplink Packet Access HSDPA
HSPA HSUPA W-CDMA Wide-band CDMA
ハイ・スピード・ダウンリンク・パケット・アクセス フォーマハイスピード ミュージックチャネル








高速パケット通信




























【 HSPA の同義語と関連語 】
< 2 >
802.16e 802.16 802.16m IEEE 802.16
IEEE 802.16e IEEE 802.16e-2005 IEEE 802.16m Mobile WiMAX
Mobile Wireless Access MWA UQ WiMAX WiMAX 2
WiMAX 2.1 WiMAX 2+ WiMAX 2プラス WiMAX Release 2.1
WWAN アイトリプルイーはちまるにーてんいちろくイー ダブリューワン モバイルWiMAX
モバイルワイマックス ユーキューワイマックス ワイマックス 2.1 ワイマックス・ツープラス
ワイヤレスWAN


2.5GHz 3G 40Mbps 6GHz
75Mbps HSPA LTE mobile broadband
UQコミュニケーションズ WiMAX Wireless Wide Area Network wireless broadband
Worldwide Interoperability for Microwave ACCess XGP モバイル ブロードバンド モバイル・ネットワーク
モバイル・ブロードバンド モバイルネットワーク モバイルブロードバンド モバイルブロードバンド機能
モバイルブロードバンド接続 ワイヤレス・ブロードバンド ワイヤレスでインターネット接続 ワイヤレスブロードバンド
広域データ通信ネットワーク 高速無線通信サービス




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム