本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 I/O per Second の意味 】
出典: IOPS 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月29日 (土) 09:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 入出力操作毎秒(Input/output operations per second, IOPS, 「アイオーピーエス」または「アイオプス」と発音)は、ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)、ストレージエリアネットワーク(SAN)などのコンピュータストーレジデバイスの性能特性を示す単位。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IOPS (Wikipedia)

【 I/O per Second の同義語と関連語 】
< 1 >
IOPS I/O per Second Input/Output Per Second Input/Output per second
Input/output operations per second アイオー・パー・セカンド インプットゥ/アウトゥプットゥ・アォパゥレイシュンズ・プァー・セケァンドゥ インプット・アウトプット Per Second
インプット アウトプット パー セカンド インプット・アウトプット・パー・セカンド インプット/アウトプット・オペレーションズ・パー・セカンド 1秒間に可能な読み書き回数
1秒間のリード/ライト回数 1秒当たりのリード/ライト回数 4KBランダムライトIOPS アイオーピーエス
アイオプス リードライト回数/秒 読み書き回数/秒 入出力操作毎秒








ストレージ性能 性能指標





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム